• COLUMN

『ジュディ』で華麗にカムバック!批評家が選ぶ、レニー・ゼルウィガーの“フレッシュ”な名作10選

2020年5月8日 08:30

ロッテン・トマトで高評価を獲得しているレネー・ゼルウィガー出演映画をチェック!
ロッテン・トマトで高評価を獲得しているレネー・ゼルウィガー出演映画をチェック!『ジュディ 虹の彼方に』期間限定配信中 [c]Pathé Productions Limited And British Broadcasting Corporation 2019

「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズで一世を風靡し、アカデミー賞作品賞受賞作『シカゴ』(02)でトップ女優の仲間入りを果たしたものの、その後女優業を休業。そして『ジュディ 虹の彼方に』(19)で華々しいカムバックを果たし、見事に第92回アカデミー賞主演女優賞に輝いたレニー・ゼルウィガー。本稿では、そんな彼女の出演作から、映画批評を集積・集計するサイト「ロッテン・トマト」で批評家の評価が高く、また日本国内の各動画配信サービスで視聴可能な10作品を一挙に紹介したい。

波乱万丈なジュディの人生は、レネーの女優キャリアと重なる
波乱万丈なジュディの人生は、レネーの女優キャリアと重なる『ジュディ 虹の彼方に』期間限定配信中 [c]Pathé Productions Limited And British Broadcasting Corporation 2019

「ロッテン・トマト」とは、全米をはじめとした批評家のレビューをもとに、映画や海外ドラマ、テレビ番組などの評価を集積したサイト。批評家の作品レビューに込められた賛否を独自の方法で集計し、それを数値化(%)したスコアは、サイト名にもなっている“トマト”で表される。好意的な批評が多い作品は「フレッシュ(新鮮)」なトマトに、逆に否定的な批評が多い作品は「ロッテン(腐った)」トマトとなり、ひと目で作品の評価を確認することができる。中立的な立場で運営されていることから、一般の映画ファンはもちろん業界関係者からも支持を集めており、近年では日本でも多くの映画宣伝に利用されるように。映画館に掲示されたポスターに堂々と輝くトマトのマークを見たことがある方も多いだろう。

それでは、レネー・ゼルウィガー出演映画のフレッシュな作品10傑を挙げてみよう。

89%フレッシュ『母の眠り』(98)

86%フレッシュ『シカゴ』(02)

83%フレッシュ『ザ・エージェント』(96)

83%フレッシュ『ベティ・サイズモア』(00)

82%フレッシュ『ジュディ 虹の彼方に』(19)

80%フレッシュ『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)

80%フレッシュ『シンデレラ・マン』(05)

78%フレッシュ『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(16)

76%フレッシュ『アパルーサの決闘』(08)

70%フレッシュ『コールド・マウンテン』(03)

関連映画

関連映画ニュース