• TOP
  • ニュース
  • 批評家が選ぶ、ゾンビ映画10選!ガチのホラーからコメディまで“フレッシュ”な名作たち
  • COLUMN

批評家が選ぶ、ゾンビ映画10選!ガチのホラーからコメディまで“フレッシュ”な名作たち

2020年5月9日 22:30

ロッテン・トマトが選ぶ、ゾンビ映画の高評価ランキングをチェック!
ロッテン・トマトが選ぶ、ゾンビ映画の高評価ランキングをチェック!『ゾンビ ディレクターズカット版』Blu-ray好評発売中! 価格:Blu-ray¥4700円(税抜) 発売元:『ゾンビ』BD発売委員会 販売元:ハピネット [c] 1978 THE MKR GROUP INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ホラー映画のいちジャンルとして熱狂的なファンを獲得している「ゾンビ映画」。よみがえった死者と戦う作品もあれば、恐怖に震えながら必死で逃げる作品など、一口にゾンビ映画とくくってもその切り口は様々。またホラーとしてではなく、コメディとしてゾンビを題材にした作品も人気を博している。

そこで本項では、映画批評を集積・集計するサイト「ロッテン・トマト」で公開されたゾンビ映画の高評価ランキングを参考に、その中から日本国内の動画配信サービスで視聴可能な作品で、批評家からの評価が特に高い10作品を一挙に紹介したい。

未知のウイルスに乗客が次々と感染!息つく暇もない臨場感にくぎづけ
未知のウイルスに乗客が次々と感染!息つく暇もない臨場感にくぎづけ『新感染 ファイナル・エクスプレス』Blu-ray、DVD発売中 販売・発売元:ツイン [c] 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

「ロッテン・トマト」とは、全米をはじめとした批評家のレビューをもとに、映画や海外ドラマ、テレビ番組などの評価を集積したサイト。批評家の作品レビューに込められた賛否を独自の方法で集計し、それを数値化(%)したスコアは、サイト名にもなっている“トマト”で表される。好意的な批評が多い作品は「フレッシュ(新鮮)」なトマトに、逆に否定的な批評が多い作品は「ロッテン(腐った)」トマトとなり、ひと目で作品の評価を確認することができる。中立的な立場で運営されていることから、一般の映画ファンはもちろん業界関係者からも支持を集めており、近年では日本でも多くの映画宣伝に利用されるように。映画館に掲示されたポスターに堂々と輝くトマトのマークを見たことがある方も多いだろう。

それでは、ゾンビ映画のフレッシュな作品10傑を挙げてみよう。

100%フレッシュ『カメラを止めるな!』(17)

94%フレッシュ『新感染/ファイナル・エクスプレス』(16)

93%フレッシュ『ゾンビ』(77)

93%フレッシュ『ZONBIO死霊のしたたり』(85)

92%フレッシュ『バタリアン』(85)

90%フレッシュ『ゾンビランド』(09)

88%フレッシュ『カーゴ』(18)

88%フレッシュ『パラノーマン ブライス・ホローの謎』(12)

87%フレッシュ『28日後…』(02)

87%フレッシュ『飢えた侵略者』(17)

参照:https://editorial.rottentomatoes.com/guide/essential-zombie-movies/

関連映画

関連映画ニュース