斎藤工がテレワークで映画製作!オムニバス映画「TOKYO TELEWORK FILM」が始動 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/4/24 11:00

斎藤工がテレワークで映画製作!オムニバス映画「TOKYO TELEWORK FILM」が始動

俳優やフィルムメーカーなどマルチに活動する斎藤工が、“STAY at HOME”をテーマに日常化するテレワークを舞台にした映画企画「TOKYO TELEWORK FILM」を始動させ、リモート撮影でクランクイン。斎藤は出演のほか、“齊藤工”名義で企画・プロデュース・監督も担当している。

「TOKYO TELEWORK FILM」が4月29日(水・祝)から3日間限定でプレミア上映!
「TOKYO TELEWORK FILM」が4月29日(水・祝)から3日間限定でプレミア上映!

東京都の外出自粛要請を受け、自宅環境での娯楽の選択肢として特別WEBサイト「A TAKUMI SAITOH FILM」を立ち上げ、自身の監督作や出演作、レコメンド作品などを随時更新している斎藤。この「TOKYO TELEWORK FILM」は連作を時系列に並べるオムニバス映画で、「テレワークセッション」と「テレワーク会話劇」から「短編・長編を想定した製作」へと発展させた3つのフェーズで展開。2020年中の長編公開を目指すとのこと。

4月20日に撮影が終了した「テレワークセッション」(フェーズ1)では、テレビ電話でつながったキャストがそれぞれ実名で登場。第1弾に出演するのは斎藤のほか、女優の伊藤沙莉と、ラバーガールの大水洋介、アルコ&ピースの酒井健太など。また近日撮影予定の第2弾以降には齊藤が総監督を務めた『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』(20)で主演を務めた秋山ゆずきら多彩なゲストの出演が予定されている。

【写真を見る】テーマは“STAY at HOME”!斎藤工、伊藤沙莉らがテレビ電話で出演
【写真を見る】テーマは“STAY at HOME”!斎藤工、伊藤沙莉らがテレビ電話で出演

また本作が、4月29日(水・祝)にプレオープンする通常興行を目指すオンライン映画館「STAY HOME MINI THEATER powered by mu-mo Live Theater」にて、全国上映が中断されている『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』との併映でプレミア上映されることも決定。3日間限定(6回配信)で有料上映され、トークイベント(生配信/収録)も開催予定。

新型コロナウイルスの影響によって、全国の映画館が休館するなど大きな打撃を受けているエンタテインメント業界。まだ先の見えないなかで、“Stay Home”と“テレワーク”に活路を見出そうとする斎藤の新たな試みが、どのような作品を生みだすことになるのか。期待しながら、このプロジェクトの“進化”を見守っていきたい。

関連作品