ソ連に立ち向かった英国人記者の戦慄の実話…『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』日本公開が決定 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/4/23 15:00

ソ連に立ち向かった英国人記者の戦慄の実話…『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』日本公開が決定

スターリン体制下のソビエト連邦に命がけで立ち向かったジャーナリストの実話を描いた『MR.JONES』(原題)の邦題が『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』に決まり、8月14日(金)から公開されることが決定。これに伴い日本版ポスタービジュアルも解禁された。

日本版ポスタービジュアルも到着
日本版ポスタービジュアルも到着[c] FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

本作は巨悪に屈せず、正しい道を選ぼうとした実在のイギリス人ジャーナリストの闘いをサスペンスフルな語り口と陰影豊かなビジュアルで描きだした作品。1933年、ヒトラーへの取材経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズは、世界恐慌の嵐が吹き荒れる情勢のなかで、なぜスターリンが統治するソ連だけが繁栄しているのかという疑問を抱く。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった…。

主人公のジョーンズ役を演じるのはイギリスの俳優ジェームズ・ノートン。BBC制作の超大作ドラマ「戦争と平和」で主演を務め、次期ジェームズ・ボンド役とも噂されるいま注目の若手俳優だ。そのほか、ニューヨーク・タイムズモスクワ支局の女性記者エイダ役に『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(19)のヴァネッサ・カービー、ピューリッツァー賞も受賞した同新聞社のモスクワ支局長ウォルター・デュランティ役には『ニュースの天才』(03)、『フライトプラン』(05)のピーター・サースガードが扮する。監督は『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』(90)、『ソハの地下水道』(11)などで米アカデミー賞ノミネート経験もあるアグニェシュカ・ホランドが務めた。

本日公開された日本版ポスタービジュアルは「皆、狂うほどに餓えている―」のキャッチコピーが添えられ、極寒の地で暮らす人々の姿や、主人公ジョーンズら主要キャスト3人のこちらを見据えるまなざしが印象的だ。

“スターリンの冷たい大地”に隠された闇に主人公はどう向き合うのか。まっすぐに真実を追い求めたジャーナリストの実話を描く本作の公開が、いまから待ち遠しい。

文/編集部

関連作品