• TOP
  • ニュース
  • 初公開の本編シーンも!『泣きたい私は猫をかぶる』ヨルシカが書き下ろした主題歌MVが公開
  • NEWS

初公開の本編シーンも!『泣きたい私は猫をかぶる』ヨルシカが書き下ろした主題歌MVが公開

2020年4月22日 18:00

スタジオコロリドの長編アニメーション映画第2弾となる、6月5日(金)公開の『泣きたい私は猫をかぶる』。YouTubeチャンネル登録者が130万人を超える話題のバンド、ヨルシカが本作の主題歌と挿入歌を担当することが先に発表されていたが、このたび主題歌「花に亡霊」のミュージックビデオが完成し、本日から映像が公開された。

主人公ムゲの豊かな表情も見逃せない!
主人公ムゲの豊かな表情も見逃せない![c] 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生の笹木美代と、ムゲが思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人を巡る物語が描かれる本作。表情豊かで元気いっぱいなムゲとは対照的に、日之出は物憂げに夜空を見上げたり傘で顔を覆ったりと、なかなか感情がうかがい知れない。そんな日之出に寄り添う白い猫「太郎」は、実は不思議なお面の力でムゲが変身した姿だった。ムゲは日之出を元気づけようと“あること”を企てるが、うまくいかなかったばかりか日之出に衝撃的な一言を浴びせられてしまうことに。傷ついたムゲは浮かない表情を見せ、猫の姿である場所に向かう…。

【写真を見る】白猫「太郎」は、不思議なお面の力でムゲが変身した姿だった…
【写真を見る】白猫「太郎」は、不思議なお面の力でムゲが変身した姿だった…[c] 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

これまでにもヨルシカのMVを数度手掛けてきた「ぽぷりか」がディレクターを担当したMVでは、今回初公開となる本編シーンも多数登場する。ムゲと日之出の手つなぎシーン、浴衣姿での“キスシーン”といった、2人の関係性が気になるシーンに加え、太陽に照らされる大木、「猫社」と書かれた鳥居など、物語のカギを握るシーンの一部も公開。本作への期待が高まる映像となっている。

ぽぷりかは今回のMVについて「映画本編とは違ったヨルシカのMVらしい空気感が出るようにという意図のもと編集しており、表現豊かなムゲの表情や仕草と、後ろ姿ばかりであまり表情の読めない日之出君が何を考えているのか、イメージしながら見ていただけると嬉しいです」と映像の出来栄えに自信をのぞかせている。

さらに本MVについて、映画でW主演を務める志田未来と花江夏樹からもコメントが到着。ムゲを演じる志田は「ヨルシカさんの曲がムゲの気持ちとマッチしていて、物語をさらに深く感じさせてくださると思った」と、ヨルシカの美しい歌声を絶賛。日之出を演じる花江は「ムゲが大人になっていく姿と段々力強くなっていく音が重なって惹き込まれてしまった」と楽曲の魅力についてメッセージを寄せている。

デジタルシングル「花に亡霊」のダウンロード&サブスクリプションも本日から配信をスタート。ヨルシカの切ない歌詞と歌声はもちろん、それぞれの思いを胸に秘めたムゲと日之出の本編シーンを織り交ぜたMVで、“泣き猫”の世界観をひと足先に体感してほしい。


関連映画

関連映画ニュース