• TOP
  • ニュース
  • リアルすぎる生首でコロナ撃退…!?「ウォーキング・デッド」監督が自宅の門にデコレーション
  • NEWS

リアルすぎる生首でコロナ撃退…!?「ウォーキング・デッド」監督が自宅の門にデコレーション

2020年4月21日 21:15

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」の監督で知られるグレッグ・ニコテロが、「ウォーキング・デッド」シリーズで使用したゾンビの生首を自宅の門に飾ったと、現地時間19日に自身のInstagramで明らかにした。

「ウォーキング・デッド」は、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが生き抜く術を模索していく物語。

コロナに負けない!「ウォーキング・デッド」のゾンビ生首がリアルすぎ…
コロナに負けない!「ウォーキング・デッド」のゾンビ生首がリアルすぎ…[c]2010-2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

ニコテロ監督は、「自宅の門を飾ったよ!きっとウイルスたちも怖がって逃げていくに違いない」とコメントし、まるで本物のような生首の写真を投稿。インパクトありすぎな写真に、ユーザーからは「夜に見たら本気でビビる」「これが玄関にあったらUberの配達員も帰るわ」「1つ欲しい」といったコメントが寄せられていた。

特殊メイクでリアルに描かれた生首6本についてニコテロ監督は、「もし興味があれば、(手前から順に)1. アルファ、2.自転車の少女、3.シーズン3の第1話で農家でカールが殺し、総督の水槽に入った女性のウォーカー、4.ミショーンのペットその1、5.総督の水槽に入っていたベン・ガードナー、6.ミショーンのペット2」と補足。

渾身の特殊メイクでリアルに再現されたゾンビたち
渾身の特殊メイクでリアルに再現されたゾンビたち[c]2010-2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

本年で放送開始10年目に突入した「ウォーキング・デッド」シリーズだが、シーズン10の最終話となる第16話は、新型コロナウイルスによる影響から映像制作が遅延し、アメリカ本国での放送延期が発表。その関係で日本での放送も延期が発表されている。

現在FOXチャンネルでは、第16話の放送を予定していた4月13日以降の放送スケジュールを変更し、「ウォーキング・デッド」シーズン1の第1話を放送中。

「Comicbook」では、「第16話は今年後半に特別エピソードとして放送します」と報じている。

文/編集部

『ウォーキング・デッド シーズン9』
DVD-BOX 1(1万500円+税)、Blu-ray BOX 1(1万2900円+税) 発売中
DVD-BOX 2(1万500円+税)、Blu-ray BOX 2(1万2900円+税) 発売中
発売・販売:KADOKAWA

「ウォーキング・デッド」公式サイト
https://twdu.jp/

『ウォーキング・デッド』公式Twitter
https://twitter.com/OFFICIAL_TWD

関連映画ニュース