• TOP
  • ニュース
  • Netflix「攻殻機動隊 SAC_2045」がいよいよ配信!本編映像とキャラクターアートで世界観を堪能
  • NEWS

Netflix「攻殻機動隊 SAC_2045」がいよいよ配信!本編映像とキャラクターアートで世界観を堪能

2020年4月21日 15:30

1989年に連載が開始されて以来、アニメーションやハリウッドでの実写映画化などさまざまな形で映像化されてきた士郎正宗原作の「攻殻機動隊」シリーズ。その最新作にして、初めてフル3DCGアニメーション化されたNetflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」(4月23日全世界独占配信)から、このたび初解禁となる本編映像とキャラクターアートが到着した。

ついにベールを脱いだ!「攻殻機動隊 SAC_2045」本編映像が初解禁
ついにベールを脱いだ!「攻殻機動隊 SAC_2045」本編映像が初解禁[c]士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊 2045 製作委員会

「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズの神山健治監督と「APPLESEED」シリーズの荒牧伸志監督がタッグを組んだ本作は、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ新たな支配種に立ち向かうため、再び組織された公安9課“攻殻機動隊”の姿を描く。素子役の田中敦子、バトー役の大塚明夫ら、シリーズオリジナルキャストが集結したことでも大きな注目を集めている。

このたび解禁された本編映像には、“サスティナブル・ウォー”へ突入した世界で未知なる脅威“ポスト・ヒューマン”と対峙する草薙素子の姿が収められている。激しいバトルの末にアームスーツから引きずりだし、その動きを電脳錠で封じようとする素子。しかしそのまま電脳空間に引き込まれてしまい、異変は周囲にも影響を及ぼしはじめていく。はたして彼女たちは無事に帰還することができるのだろうか…。

【写真を見る】キャラクターアートが一挙お目見え!キャラデザを手掛けたのは「攻殻機動隊」に影響を受けた気鋭アーティスト
【写真を見る】キャラクターアートが一挙お目見え!キャラデザを手掛けたのは「攻殻機動隊」に影響を受けた気鋭アーティスト[c]士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊 2045 製作委員会

そんな本作でキャラクターデザインを手掛けるのは、原恵一監督の『バースデー・ワンダーランド』(19)でもその手腕を発揮したロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブ。日本のアニメに影響を受けて育ったという彼が「攻殻機動隊」への並々ならぬ想いを込めて描きだした素子たちのキャラクターアートは、シリーズファンも納得の出来栄え。おなじみの面々や新キャラクターはもちろん、まだ詳細が明かされていないキャラクターの姿もあり、本作への期待がますます高まる仕上がりに。

全12話で構成される本作は、はやくもシーズン2の制作が決定している。これまで世界中のカルチャーに多大なる影響を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズの歴史に新たな1ページを刻む新シリーズの始動まであと少し。その瞬間を心して待ちたい!

文/久保田 和馬


関連映画ニュース