• TOP
  • ニュース
  • マーティン・スコセッシ監督、ディカプリオ&デ・ニーロ共演の次回作もNetflix作品に?
  • NEWS

マーティン・スコセッシ監督、ディカプリオ&デ・ニーロ共演の次回作もNetflix作品に?

2020年4月10日 23:00

第92回アカデミー賞で作品賞をはじめ10部門にノミネートされた『アイリッシュマン』(19)の巨匠マーティン・スコセッシ監督が、レオナルド・ディカプリオと6度目のタッグを組む次回作『Killers of the Flower Moon』の製作と配給権について、AppleとNetflixと話し合いを始めたとウォールストリート・ジャーナルが報じた。

ロバート・デ・ニーロとディカプリオの共演に期待がかかる!
ロバート・デ・ニーロとディカプリオの共演に期待がかかる!写真:Johns PKI/SPLASH/アフロ

『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(16)や『さらば愛しきアウトロー』(18)の原作者として知られるデイヴィッド・グランのノンフィクション小説を原作にした本作は、1920年のオクラホマ州で起きた先住民族であるオサージ族を狙った殺人事件と、その裏に隠された“アメリカの闇”を描く物語。

報道によれば、本作の製作費は2億ドルを超えると予想されており、当初製作と配給を務める予定だったパラマウントはスコセッシ監督に新たなパートナーを見つけるよう提言したとのこと。前作『アイリッシュマン』も製作費が高額となったことからパラマウントが手放し、Netflixが全世界配給権を購入している。

スコセッシ監督初のNetflix作品『アイリッシュマン』は第92回アカデミー賞で10部門にノミネートされた
スコセッシ監督初のNetflix作品『アイリッシュマン』は第92回アカデミー賞で10部門にノミネートされた『アイリッシュマン』はNetflixにて独占配信中

本作には『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)など近年のスコセッシ監督作品の常連となったディカプリオに加え、『タクシードライバー』(76)や『レイジング・ブル』(80)、『アイリッシュマン』と長編9作品でタッグを組んできたロバート・デ・ニーロも出演。ディカプリオとデ・ニーロの共演はスコセッシ監督が手掛けた短編映画『オーディション』(15)以来となり、長編映画では『ボーイズ・ライフ』(93)以来となる。

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース