• TOP
  • ニュース
  • ヨルシカの最新曲「夜行」が『泣きたい私は猫をかぶる』の挿入歌に決定!主題歌と合わせW担当
  • NEWS

ヨルシカの最新曲「夜行」が『泣きたい私は猫をかぶる』の挿入歌に決定!主題歌と合わせW担当

2020年4月10日 18:00

第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞に輝き、国内外から高い評価を得た『ペンギン・ハイウェイ』(18)を制作したスタジオコロリドの長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』(6月5日公開)。すでに人気アーティストのヨルシカが主題歌を担当することが先に発表されていたが、続いて彼らの最新曲「夜行」が挿入歌に決定した。

ヨルシカの楽曲が『泣き猫』をより一層引き立てる!
ヨルシカの楽曲が『泣き猫』をより一層引き立てる![c] 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

『泣きたい私は猫をかぶる』は佐藤順一監督と、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆監督がメガホンを取り、確かな描写力が評価されている岡田麿里が脚本を担当。志田未来と花江夏樹がダブル主演を務め、ほかにも山寺宏一、おぎやはぎの小木博明ら豪華キャスト陣が揃った。

【写真を見る】女子校生が猫に変身!大好きな彼にモフモフされたい…
【写真を見る】女子校生が猫に変身!大好きな彼にモフモフされたい…[c] 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

本作では、MV総再生回数が2.9億回を突破し、若い世代を中心に支持を集めている人気アーティストのヨルシカが主題歌を担当。先日、書き下ろし楽曲「花に亡霊」が初の映画主題歌に抜擢され注目を集めていたが、さらに3月4日にリリースとなった最新曲「夜行」も挿入歌となることが決定した。「花に亡霊」は、佐藤監督と柴山監督がヨルシカのメンバーと、映画の世界観やイメージについて直接語り合ったうえで生みだされた注目の楽曲で、すでに動画サイトなどにはファンによる歌唱や弾き語り動画がアップされ話題となっている。また、MVも制作を行ったスタジオコロリドが担当しており、街の風景が本作の舞台となった愛知県常滑市をモチーフにしていることから、SNS上などでは本作との関係性が取り沙汰されていた。

ヨルシカが手掛ける主題歌と挿入曲が、本作の世界観をどのように彩ってくれるのか期待が高まる
ヨルシカが手掛ける主題歌と挿入曲が、本作の世界観をどのように彩ってくれるのか期待が高まる[c] 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

挿入歌について佐藤監督は「言葉が意味を超えて心の風景を描くように紡がれたヨルシカさんらしい楽曲が出来た」と語り、柴山監督も「はじめて映像に合わせて曲を聴いたときにはイメージがふわっと拡がっていくような感覚があって驚いた」と映画の世界観をさらに拡げたことを明かしている。ヨルシカの透き通った歌声が作品にどんな効果をもたらすのか。ぜひ劇場で堪能してほしい。


関連映画

関連映画ニュース