ネットから足を伸ばして全国の劇場へ…“仮設の映画館”が5月2日からサービス開始! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/4/10 23:15

ネットから足を伸ばして全国の劇場へ…“仮設の映画館”が5月2日からサービス開始!

新型コロナウイルスの影響により、いままさに全国の映画館が休館か否かの厳しい選択を迫られている。そんななか、劇場、配給会社、そして製作者の光ともなり得る“仮設の映画館”という新たなデジタル配信サービスが立ち上がった。

新型コロナウィルスが猛威を振るうなか、映画配信の新たなシステムが産声をあげた
新型コロナウィルスが猛威を振るうなか、映画配信の新たなシステムが産声をあげた

“仮設の映画館”は、5月2日(土)から劇場公開予定のドキュメンタリー映画『精神0』を手掛ける想田和弘監督と、本作を配給する映画会社・東風により生みだされた新しい動画配信サービス。新作映画の動画配信は劇場公開終了後に行われることが一般的だが、現在の外出自粛も含めた状況を鑑み、本作の劇場公開準備と並行して本サービスを立ち上げる運びとなった。

5月2日(土)に劇場公開予定の想田和弘監督作『精神0』が家にいながら観られる!
5月2日(土)に劇場公開予定の想田和弘監督作『精神0』が家にいながら観られる![c]2020 Laboratory X, Inc

気になるその仕組みだが、利用者は仮設の映画館のサイトにアクセスし、『精神0』を上映する劇場の一覧から最寄りの映画館をチョイス(東京圏の方は渋谷シアター・イメージフォーラムのページへ)。レンタル購入から24時間以内にストリーミングで鑑賞ができるが、その鑑賞料として支払う1800円(税込)は、通常の劇場公開の場合と同様の割合で、利用者が選んだ劇場と配給会社・東風との間で配信にかかる諸経費を差し引いた利益を半分ずつ分配、さらに配給会社と製作者とで分配するというものだ。

このシステムでは東京に住んでいる人が自宅で新作映画を鑑賞しながら、地元の劇場や、北海道のシアターキノから宮崎キネマ館まで、この取り組みに賛同している全国各地の映画館にサービスの対価を送ることもできる。

【写真を見る】全国のミニシアターに通った気分になれる?新作映画配信サービスが誕生
【写真を見る】全国のミニシアターに通った気分になれる?新作映画配信サービスが誕生

映画館と動画配信サービスでは収益を奪い合う構図が指摘されがちだが、映画業界のみならず未曽有の経済危機に直面する現在の日本で、本サービスは誕生した。まずは『精神0』の公開を待ちわびつつ、今後の展開にも注目していきたい。

文/トライワークス

■仮設の映画館公式サイト
http://www.temporary-cinema.jp/seishin0/

■『精神0』公式サイト
https://www.seishin0.com/

関連作品

  • 精神0

    2.0
    1
    82歳で引退した精神科医、山本昌知のその後の人生を映し出したドキュメンタリー