• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「Disney+」2020年後半に日本上陸!「スター・ウォーズ」スピンオフ作品などが自宅で見放題
  • NEWS

「Disney+」2020年後半に日本上陸!「スター・ウォーズ」スピンオフ作品などが自宅で見放題

2020年4月9日 18:45

ディズニーの動画配信サービス「Disney+」が日本展開へ
ディズニーの動画配信サービス「Disney+」が日本展開へ[c] Disney, All Rights Reserved,

ディズニーが運営する動画配信サービス「Disney+」が、年内にも日本で開始されることがわかった。8日、会員数の情報を更新したのに合わせて、同サービスの事業を統括するケビン・メイヤーによって明らかにされた。

2019年11月に北米で始まったDisney+は、ディズニー、マーベル、ルーカス・フィルム、ピクサー・アニメーションの過去作品や、「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品「Mandalorian」などのオリジナルコンテンツを視聴することができる。料金は月額6.99ドルだが、日本での具体的な開始時期や料金形態は明らかになっていない。また、NTTドコモと共に開始されている「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」とは別のサービスになる。

【写真を見る】ディズニー、マーベル、ピクサー作品が見放題!「Disney+」がついに日本上陸
【写真を見る】ディズニー、マーベル、ピクサー作品が見放題!「Disney+」がついに日本上陸[c] Disney, All Rights Reserved,

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、世界的な外出制限が行われている影響もあり、動画配信サービスの需要が高まっている。Disney+も2019年12月末時点で2650万人だった会員数が、現在は米国と欧州を中心に5000万人を突破。今後はアジアや中南米地域への事業展開に力を入れる予定とのことだが、インドでのサービス開始が新型コロナウイルスの影響で延期となっていることもあり、日本での展開についても今後の続報を待ちたい。

文/編集部

関連映画ニュース