• NEWS

松方弘樹、日本記録のマグロが釣れず、『忍たま乱太郎』イベントでヤケ酒!?

2011年6月29日 21:10

『忍たま乱太郎』に出演の、左から、寺島進、松方弘樹、監督の三池崇史

7月23日(土)公開の映画『忍たま乱太郎』のメガホンを取った日本映画界の鬼才・三池崇史監督。彼が6月29日、六本木のビルボードライブ東京で「三池崇史 presents 大人だけの空間」を開催。第4回目となる今回は、『忍たま乱太郎』に出演した松方弘樹、寺島進をゲストに迎え、映画にまつわるトークを繰り広げた。酒を交えてのトークは、次第に映画から離れ、松方が俳優の仕事よりも真剣に挑んでいるというマグロ釣りに至り、会場の観客を喜ばせた。

映画の原作「忍たま乱太郎」は、NHKで18年間にわたって放映されている人気アニメ。子役・加藤清史郎を主演に迎え、忍術学園でエリート忍者を目指し、日々修行に励む生徒“忍たま”たちの奮闘を描く。本作で松方弘樹は、悪だくみが大好きなドクタケ忍者の首領・稗田八方斎を演じ、大きな頭の重さで後ろに倒れてしまうコミカルなキャラクターに真剣に挑んだ。一方の寺島進は、忍術学園のベテラン教師・山田伝蔵に扮し、劇中では女装姿も披露。そのほか、平幹二朗、中村玉緒など、豪華キャストが特殊メイクを施して登場する。

アルコールを絶って十数年という松方は、「昔は毎日、ウイスキーならボトル2本、日本酒なら2升か3升は飲んでいました。だけどドクターストップがかかっちゃったから辞めてたけど、今日は悪い人たちに誘われて(笑)」と、ジントニックに手を伸ばした。だがこの日、松方が酒を飲んでいる本当の理由はイベント後半に判明する。

68歳の松方弘樹に、三池監督が「若さの秘訣は女ですか?」と尋ねると、松方は「昔は浮名を流したけど、今はないぞ。年とると全然モテなくて駄目だ」とボヤく松方。「そんなことないですよ。今でも格好良いっす! 色っぽいっす!」と寺島がフォローすると、松方は「あんた、自分に話を振られると思ってずるいよ! 知ってるんだよ、色々」と寺島を脅かした。それに対し、「先輩、テレビ入ってます!」と焦る寺島。すると監督が、「そういう大人たちが純粋に『忍たま乱太郎』に真っ向勝負を挑んだら、とんでもない映画になりました」と強引に映画に話を戻し、観客から笑いがこぼれた。

三池監督は、人気アニメを実写映画化する際に、原作者の尼子騒兵衛から「感動させる映画を作らないでほしい。見ている人が勝手に感動してくれるならそれは結構。ただ感動させるための映画の道具として、忍たま乱太郎を使ってほしくない」というオーダーが入ったという製作秘話を明かした。監督は「それは得意なところなので大丈夫です」と自信たっぷりで製作に挑んだとのこと。

昨年の猛暑の中で行われた撮影で、寺島は「子役の子からベテランまで、何一つ文句を言わずに頑張りました。『ここはスタントマンにやらせようか』って話が出た時も、監督は『寺島くんに失礼だろ』と言って、40過ぎの体で全部やりました。体ガタガタになっちゃった(笑)」と撮影を振り返った。

『十三人の刺客』(10)に引き続き、三池監督作品に出演した松方は、「本当にスタッフも俳優も現場に携わっていたいという思いを与える。正直言って、二度と一緒にやりたくない監督もいます。でも三池監督は違う。現場にいることが楽しいんですよ。もっと出演させてもらいたいんだけど」と話すと、監督から「マグロ釣るので忙しいんでしょ(笑)? 大きいの逃したそうで、今日はだから飲んじゃってるんでしょ?」と。すると松方は「いや、だけど大きなマグロだったのよ! 日本記録よ。400kg以上だから! 本当なんだって! 役者やる時は真剣だよ。でもマグロ釣る時はもっと真剣だよ」と話すと、その後、マグロ漁に対して、熱いトークを展開。寺島は「このお酒はマグロのようですね」と苦笑した。

本題の映画は、長年愛され続けている人気アニメの実写映画化とあって、当然子供向けなのかと思われがちだが、映画は大人を笑わせるシーンが満載だ。監督が「実は完全版は3時間50分あるが、そこまで映画を見るとイッちゃうと思うから、大人としてリミッターをかけた」と話すほど、遊び心にあふれたエンターテインメントに仕上がっている。この夏、大人と子供がそろって楽しめる本作の公開を是非とも心待ちにしてほしい。【取材・文/鈴木菜保美】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2011 実写版「忍たま乱太郎」製作委員会| [C]NHK・尼子騒兵衛・総合ビジョン [C]2011実写版「忍たま乱太郎」製作委員会| [C]NHK・尼子騒兵衛・総合ビジョン| [c]TOMY| [c]2011「実写版忍たま乱太郎」製作委員会| [c]NHK・尼子騒兵衛・総合ビジョン [c]2011 アニメ版「忍たま乱太郎」製作委員会| [c]2011実写版「忍たま乱太郎」製作委員会