• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 実写版『映像研』の映像が初公開!乃木坂46・齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が“最強の世界”で躍動
  • NEWS

実写版『映像研』の映像が初公開!乃木坂46・齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が“最強の世界”で躍動

2020年3月26日 7:00

齋藤、山下、梅澤がまるでアニメーションの世界に入り込んだかのようなポスターも到着! | [c] 2020 「映像研」実写映画化作戦会議 [c] 2016 大童澄瞳/小学館

「月刊!スピリッツ」で連載されている大童澄瞳の同名漫画を乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の共演で実写映像化した『映像研には手を出すな!』のテレビドラマ版が4月から放送開始され、5月15日(金)からは劇場版が公開される。このたび実写化発表後、初解禁となる最新映像とポスターが到着した。

浜辺美波、板垣瑞生、桜田ひより、赤楚衛二ら若手実力派キャスト陣の参戦が発表され大きな盛り上がりをみせる本作は、想像力豊かだが極度の人見知りである浅草みどり(齋藤)と超お嬢様でカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指す水崎ツバメ(山下)、アニメに興味はないが金儲けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスを持つ金森さやか(梅澤)ら3人の女子高生が芝浜高校で運命的に出会い“最強の世界”を夢見てアニメーション制作に取り組む姿を描く物語となっている。

このたび、実写化発表後、初となる最新映像が到着した。「この高校を舞台にアニメを作りたい!」という浅草の言葉とともに、水崎や金森といった個性豊かなキャラクターたちが登場。それぞれの夢やキャラクター性が伝わるセリフが飛びだし、さらに空想で作り上げたメカ「カイリー号」や「プロペラスカート」で空を飛ぶ浅草の姿など、原作ファンにとってはおなじみのシーンが次々と登場する。また本作のもう1つの魅力でもある浅草、水崎、金森が通う芝浜高校で活躍する部活動の学生たちも登場し、原作の世界観がいきいきと実写でも展開する様子が垣間見える映像となっている。

本作のムビチケが4月3日(金)から発売 | [c] 2020 「映像研」実写映画化作戦会議 [c] 2016 大童澄瞳/小学館

あわせて、本作のムビチケが4月3日(金)から販売されることも発表。本作のムビチケを劇場で購入された方には限定特典として、劇中の印象的なシーンを堪能できる“『映像研』実写版パラパラ漫画”がついてくる。こちらは、浅草版、水崎版、金森版の全3種類がランダムに配布され、なくなり次第終了となるので、ぜひこの機会を見逃さないでほしい。

原作の世界観をいきいきと描きだした実写映像が初お目見えとなり、ますます期待せずにはいられない本作。齋藤、山下、梅澤が“最強の世界”を夢見てアニメーション制作に奮闘する姿をテレビドラマ、そして映画の両方でチェックしてほしい!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース