• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『るろうに剣心 最終章』から豪華オールキャストのポスター解禁!主題歌はONE OK ROCKが続投へ
  • NEWS

『るろうに剣心 最終章』から豪華オールキャストのポスター解禁!主題歌はONE OK ROCKが続投へ

2020年3月25日 7:00

「るろ剣」最終章のポスターが到着! | [c] 和月伸宏/集英社 [c] 2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

2012年に公開した実写映画第1弾『るろうに剣心』の大ヒットを皮切りに、シリーズ3作の累計興行収入が125億円を突破した大人気シリーズの最新作がこの夏、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』として、7月3日(金)、8月7日(金)に2作連続公開となる。このたび、オールキャラクターが集結したポスタービジュアルが解禁され、追加キャストとして伊勢谷友介、土屋太鳳の続投も明らかに。さらに、ONE OK ROCKが主題歌を担当することもわかった。

解禁となった本ビジュアルは「全員、完結。」というコピー通り、最終章で剣心のすべてが明らかになり、登場するキャラクターたち全員の物語が“完結”することを伝えている。本作では、最恐の敵を前にして剣心のもとに再び仲間が集結。これまでの敵も味方も入り乱れ、未来を切り開くために戦いの場に身を投じて完結を迎える。

今回発表されたキャストは、『京都大火編/伝説の最期編』(14)からの続投となる、京都隠密御庭番衆の御頭、四乃森蒼紫を演じる伊勢谷と、同じく京都隠密御庭番衆の巻町操を演じる土屋の2人。5年振りの「るろ剣」に対し伊勢谷は続投決定の喜びを表しながらも、撮影について「漫画のキャラクターは年を取らないですけど、僕は取りますから30代でやるメンタルと40代でやるメンタルはやっぱり全然違いました(笑)」と振り返る。「僕は、やらせていただくものに対して120%でありたいと常に思っています。監督をはじめとしたスタッフは、役者が最高の気分で自信をもって演じられる場を作ってくれます。そのおかげで、キャラクターの意味や理念や指針を心のなかに持って演じられました」と製作陣への感謝ものぞかせた。

蒼紫と共に生きる操役の土屋は、今回のアクションに対し「本当に難しく大変でしたが、前作を超える挑戦が出来たと思います」と確かな手ごたえを感じさせ、シリーズ続投についても「剣心をはじめ背中を追いかけてきた方々と出会えたのは、この作品の実写が実現できる時代に生まれたからこそ。この幸運に、心から感謝しています」と語った。

また、最強の敵となる志々雄真実の配下である“十本刀”の一人、沢下条張を演じる三浦涼介の姿も解禁。さらに最新からの参戦となる、“縁”が率いる上海マフィアの副官、呉黒星(ウーヘイシン)を演じる音尾琢真、剣心の過去に大きな影響を残す旧幕府直属の隠密組織のリーダー、辰巳を演じる北村一輝の参加が決定。現在と過去、それぞれの時代で剣心の前に立ちはだかる2人にも注目だ。

主題歌アーティストには、シリーズ毎作品ごとに「るろうに剣心」の世界を盛り上げてきたONE OK ROCKの続投が決定。はたして『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ではどのような楽曲を聞かせてくれるのか。続報に期待が高まる!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース