• EVENT

吉沢亮、撮影中にオナラが出て赤面!?「爆裂音みたいなやつ、すごい勢いで出た」

2020年3月20日 12:56

国宝級イケメン、吉沢亮が衝撃のオナラ告白!
国宝級イケメン、吉沢亮が衝撃のオナラ告白!

広瀬すずが初めてコメディに挑戦した映画『一度死んでみた』の公開初日記念ミサが3月20日に東京コンベンションホールで開催され、広瀬をはじめ、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、木村多江、浜崎慎治監督が登壇。映画の内容にちなみ「死んだふりをしたくなるほど恥ずかしかったこと」を明かすことになると、吉沢が「でんでんさん演じる中華屋の店長を羽交い締めにするシーンで、でんでんさんの力が強すぎて引きずられていた。『これはヤバいな』と思って思い切り締めた時に、すごい勢いでオナラが出た」と撮影中に“爆裂音”並みのオナラをしてしまったことを告白した。

『一度死んでみた』の公開初日記念ミサが開催された
『一度死んでみた』の公開初日記念ミサが開催された

「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態となった父の計(堤)をライバル会社の陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生の七瀬(広瀬)が父のピンチを救うために立ち上がる本作。

「“プー”みたいなかわいいやつではなく、バイクのコールを切っている時のような“ブォン!”みたいな、爆裂音みたいなオナラが出た」とでんでんとの共演シーンでの衝撃秘話を明かした吉沢は、「すごい恥ずかしいなと思ったけれど、でんでんさんがそのことに触れてこない。『オナラしたでしょ』とか言ってくれればよかったけれど、気を遣ってくださって、なかったことにしようとしてくれた。それが逆に恥ずかしかった」と苦笑い。「ものすごいのが出た。(中)身が出るかというくらい」とさらに赤裸々に打ち明け、会場の笑いを誘っていた。

広瀬すずも周囲のトークに爆笑
広瀬すずも周囲のトークに爆笑

一方の広瀬は、甘酸っぱい思い出を披露した。「小学生のころに2つくらい年上で、みんなの憧れみたいな人がいた」そうだが、ある時に広瀬が顔面から転んでしまい、「その瞬間にその人が現れて『うわ!』と言われた」と述懐。「『見られた!』と思ってすごく恥ずかしかった。鼻血も出ていたし、体調が悪くて倒れたフリをちょっとだけした」と照れ笑いを見せていた。

公開初日を迎えたが、この日は新型コロナウイルスの影響もあって無観客でのイベントを実施。最後に広瀬は「この環境のなか、キャストの方、スタッフの方と一緒に初日を迎えることができてとても幸せ」としみじみと語り、「少しでも早く日本中に笑顔、笑いが届いたらいいなと思っています」と願っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画