• GOSSIP

メーガン妃、人気ガタ落ち!? キャサリン妃がインフルエンサー首位の座を奪還

2020年3月21日 15:15

メーガン妃を超え、キャサリン妃が英王室インフルエンサーNo.1に! | 写真:SPLASH/アフロ

2019年は、これまでの英王室ファン以外の人々からも人気を得たメーガン妃が、英王室のファッションにおけるインフルエンサーとして各調査で首位の座を獲得。メーガン妃効果連発の勢いだったが、3月末での英王室離脱が決定し、早くも人気がガタ落ち。キャサリン妃が首位の座を奪還した。

ディスカウントファッション販売のLove the Salesの調査結果によれば、2017年にメーガン妃がヘンリー王子と婚約してから2019年までは、メーガン妃が着用したアイテムのオンライン購買量は平均219%もアップ。しかし1月に英王室離脱が伝えられると、31%に激減したという。

一方で、キャサリン妃のファッションは、2017年から2019年の平均が119%アップだったのに対して2020年には159%アップしており、キャサリン妃がインフルエンサー首位の座を奪還した。

今年1月に、キャサリン妃がキャメル色のマッシモ・ドゥッティのダブルのコートで公務、同じ日にメーガン妃がネイビーの同ブランドのコートの写真をインスタグラムに投稿したが、数週間の間、オンラインでの検索回数がキャサリン妃のコートの方が8倍も多かったとか。

言わずもがな、シンデレラストーリーを現実のものにしたロイヤルファミリーのメンバーとしてのメーガン妃に憧れていた人々が多かったことは明らか。英王室離脱の代償はあまりに大きかったようだ。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース