• INTERVIEW

広瀬すずと吉沢亮、「なつぞら」と『一度死んでみた』で連続共演の信頼感とは?

2020年3月22日 20:30

『一度死んでみた』で共演した広瀬すずと吉沢亮
『一度死んでみた』で共演した広瀬すずと吉沢亮撮影/河内彩

NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」での好演も記憶に新しい広瀬すずと吉沢亮が、破天荒なコメディ映画『一度死んでみた』(3月20日公開)で再共演。それぞれ、この2作で演じたキャクターの振り幅がなんとも興味深いのだ。本作で、主演の広瀬が髪をピンクに染め、デスメタルバンドのボーカルという強烈な役にトライすれば、吉沢も国宝級イケメンのオーラを消し、ゴーストのように存在感のない秘書役に徹した。そんな2人を直撃し、製作秘話を聞いた。

SoftBank「白戸家」シリーズなどのCMプランナーでクリエイティブディレクターの澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなどのCMディレクター、浜崎慎治が映画初監督を務めた本作。

広瀬が演じた野畑七瀬は、反抗期をこじらせた女子大生で、製薬会社の社長を務める父親の計(堤真一)に対して、「一度死んでくれ!」「クサイ!」と言った罵詈雑言を毎日浴びせるヤサグレ女子だ。吉沢は計の地味な秘書、松岡卓役で、計から七瀬を監視するように命じられる。ある日、計が、自分の経営する野畑製薬で開発した“2日間だけ死んじゃう薬”を飲み、仮死状態となったことで、ひと騒動が巻き起こる。

関連映画

関連映画ニュース