• NEWS

浜辺美波、板垣瑞生、桜田ひより、赤楚衛二…注目の若手俳優4人が実写版『映像研』に参戦!

2020年3月16日 07:00

実写映画版『映像研には手を出すな!』新キャスト情報が到着!
実写映画版『映像研には手を出すな!』新キャスト情報が到着![c]2020 「映像研」実写映画化作戦会議 [c]2016 大童澄瞳/小学館

テレビアニメ版も好評を博している大童澄瞳の同名人気コミックを、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の出演で実写化した『映像研には手を出すな!』(テレビドラマ版4月放送開始、映画版5月15日公開)。このたび本作の映画版に、浜辺美波と板垣瑞生、桜田ひより、赤楚衛二が参戦することが明らかになった。

本作はあまりにも多くの学生組織を有する芝浜高校を舞台に、運命的な出会いを果たした3人の女子高生がアニメ制作に邁進する姿を描きだす。アニメが好きで極度の人見知りの浅草みどりと、彼女の中学からの同級生の金森さやかはカリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会う。ツバメもまたアニメ好きでアニメーター志望だったことから、3人は“最強の世界”を目指してアニメを作ることを決意するのだが…。

『君の膵臓をたべたい』(17)や、本作でメガホンをとる英勉監督が手掛けた「賭ケグルイ」シリーズなど、数々の話題作に出演する若手実力派筆頭株の浜辺が演じるのは、インパクト抜群の気象研究部・晴子役。また『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)での好演も記憶に新しい板垣が演じるのは、映像研にロボットアニメの制作を依頼する“ロボット研究部”に所属する小野役。

そして『思い、思われ、ふり、ふられ』(8月14日公開)でも浜辺と共演する赤楚はロボット研究部部員の小林役を演じ、『ホットギミック ガールミーツボーイ』や『男はつらいよ お帰り 寅さん』(19)などで印象的な演技を見せてくれた桜田は、“映像研”と組み共にアニメ制作に臨む音響部の百目鬼役を演じる。

“映像研”の3人はもちろん、学生組織を束ねる“大・生徒会”の面々を演じる小西桜子やグレイス・エマ、福本莉子など注目の若手俳優陣の共演がすでに大きな反響を集めている本作。新たに人気・実力ともにお墨付きの4人が加わることで、どのような化学反応が起こるのか?大いに期待しながら公開の瞬間を待ちたい。

関連映画

関連映画ニュース