“聖杯戦争”“サーヴァント”ってなに!?いまからでも間に合う「Fate」おさらい講座! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/3/17 22:15

“聖杯戦争”“サーヴァント”ってなに!?いまからでも間に合う「Fate」おさらい講座!

ヴィジュアルノベルゲームを原作とし、アニメやゲームなど様々なメディア展開で人気の「Fate」シリーズ。2017年からは劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』が三部作で制作されており、その最終章となるIII.spring songが3月28日(土)よりついに公開となる。本作はHeaven’s Feel(通称、桜ルート)と呼ばれる物語の完結編なのだが、そこへ向けて、Fateシリーズや劇場版の魅力を3回に分けて再確認していきたい。第1回目は、「Fate/stay night」の世界観&ストーリーのおさらいだ!

主人公の衛宮士郎(III.spring song)
主人公の衛宮士郎(III.spring song)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

魔術師とサーヴァントが「聖杯戦争」に臨む物語

「Fate/stay night」は、手にした者の願いを叶えるとされる万能の願望機「聖杯」を巡り、魔術師や彼らに従う「サーヴァント」と呼ばれる英霊が命を賭けて戦う「聖杯戦争」を描いている。その戦いに巻き込まれてしまった高校生の衛宮士郎が、偶然サーヴァントのセイバーを召喚するところから物語が動き始める。

士郎が召喚した剣士のサーヴァント、セイバー(I.presage flower)
士郎が召喚した剣士のサーヴァント、セイバー(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

士郎のほか、魔術師の同級生・遠坂凛や士郎に思いを寄せる後輩・間桐桜、謎多き少女・イリヤ、聖杯戦争の監督役を務める神父・言峰綺礼らに加え、そのサーヴァントたちの思いや欲望が激しく交錯していく。半人前の魔術師だった士郎が壮絶な戦いに挑み、過酷な選択を強いられ、成長していく姿が見どころだ。

闇堕ちしたヒロイン、間桐桜(III.spring song)
闇堕ちしたヒロイン、間桐桜(III.spring song) [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

聖杯戦争の肝となるサーヴァントの存在

魔術師(=マスター)が召喚するサーヴァントとは、伝説や神話といった伝承上で活躍した英雄や、過去に偉大な功績を残した偉人の霊格が、聖杯の力によって全盛期の姿で現代に現れた存在。セイバー(剣士)、アーチャー(弓兵)、ランサー(槍兵)、ライダー(騎兵)、キャスター(魔術師)、バーサーカー(狂戦士)、アサシン(暗殺者)の7つのクラスに分かれており、それぞれから一騎ずつ召喚される。

遠坂凛と契約したサーヴァントで、士郎を敵視しているアーチャー(I.presage flower)
遠坂凛と契約したサーヴァントで、士郎を敵視しているアーチャー(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
理性を失った代わりに、圧倒的なパワーで敵を蹴散らすバーサーカー(I.presage flower)
理性を失った代わりに、圧倒的なパワーで敵を蹴散らすバーサーカー(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

士郎が召喚したセイバーは“最優のサーヴァント”と呼ばれ、見た目は華奢な少女だが、長剣を手足のように扱う戦闘力は一級品。忠義に厚く誠実な性格の持ち主でもある。ヒロインの一人、凛はアーチャーを召喚する。弓を操っての遠距離攻撃はもちろん、双剣を用いての白兵戦、高い防御力を誇る盾の顕現など、幅広い戦闘スタイルを持つ。また、圧倒的な破壊力を誇り“最強のサーヴァント”と呼ばれるバーサーカーは、そのパワーと引き換えに理性や一部の技術を失っているが、マスターであるイリヤには忠実で彼女を護ろうとする。

義理堅いランサー(I.presage flower)
義理堅いランサー(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
Heaven’s Feelより登場する謎のサーヴァント、真アサシン(I.presage flower)
Heaven’s Feelより登場する謎のサーヴァント、真アサシン(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

このほか、敵には冷徹だが気に入った相手には気さくで情に厚いランサー。策をめぐらせ時には非道な手段も取るキャスター。キャスターによって召喚されたアサシンなどが登場。そして、Heaven’s Feelでは異例の事態によって、「真アサシン」という(2騎目のアサシンにして)8騎目のサーヴァントが現れ、聖杯戦争をかき乱している。

慎二のサーヴァントで、軽い身のこなしで鎖を操るライダー(I.presage flower)
慎二のサーヴァントで、軽い身のこなしで鎖を操るライダー(I.presage flower)[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
様々な魔術で翻弄するキャスター(I.presage flower)
様々な魔術で翻弄するキャスター(I.presage flower) [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

劇場版で展開されるHeaven’s Feelとは?

「Fate/stay night」では、3つのストーリーに分岐して聖杯を巡る戦いが描かれてきた。1つ目は士郎とセイバーの絆を描く、セイバールートこと「Fate」ルート。2つ目は士郎が自分自身と向き合う姿を描く、遠坂凛ルートこと「Unlimited Blade Works (通称UBW)」。そして現在劇場版が展開中の3つ目のルートが、間桐桜がヒロインの桜ルートにして、聖杯や聖杯戦争の謎に迫る「Heaven’s Feel(通称HF)」だ。

そもそも聖杯とは何なのか。サーヴァント同士が戦う必要性はどこにあるのか。ほかの2つのルートでは描かれなかった謎を中心に、重厚感あふれるシリアスな物語が紡がれる。

手にした者の願いを叶える万能の願望機「聖杯」を巡る「聖杯戦争」の物語(I.presage flower)
手にした者の願いを叶える万能の願望機「聖杯」を巡る「聖杯戦争」の物語(I.presage flower) [c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

今回は「Fate/stay night」の世界観や物語をおさらいしたが、次回はHF第1章と第2章を振り返りたい。“士郎と桜”の壮絶な物語を復習して、まもなく公開される第三章への準備をしよう!

文/リワークス(加藤雄斗)


最終章を迎えた人気シリーズをコラムで振り返る

関連作品