• NEWS

ドSな橋本環奈が抱える“秘密”とは?『小説の神様』は2人の関係性に注目

2020年3月7日 18:00

佐藤大樹&橋本環奈W主演の『小説の神様』から場面写真とWEB限定特別映像が到着
佐藤大樹&橋本環奈W主演の『小説の神様』から場面写真とWEB限定特別映像が到着[c]2020「小説の神様」製作委員会

「このミステリーがすごい!2020年版」で国内編第1位を獲得した「medium 霊媒探偵城塚翡翠」の相沢沙呼が2016年に発表した「小説の神様」を、EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と橋本環奈のダブル主演で映画化した『小説の神様 君としか描けない物語』が5月22日(金)より公開。このたび本作の場面写真とWEB限定特別映像が解禁された。

本作は正反対な性格の2人の高校生作家が“一緒に大ベストセラーを生み出す”というミッションに挑む姿を描いた青春ストーリー。ナイーブで売れない小説家の千谷一也は、同じ高校に通うドSな人気小説家の小余綾詩凪と共作することに。時に激しく反発し合いながらも2人で物語を作っていくことで、次第に自信を取り戻しはじめた一也。しかし詩凪は誰にも言えない秘密を抱えていた…。

このたび解禁された場面写真は全部で6枚。一也の自宅で共作に励む途中で垣間見える2人の接近ショットや、必死さを見せる一也に対して余裕そうな表情を見せる詩凪の視線がぶつかる打ち合わせシーン。さらには文芸部の仲間たちと過ごす下校シーンや、詩凪の抱える孤独を感じさせるシーンなど、ぶつかり、悩み、支え合う2人の関係性が気になるものばかり。

あわせて解禁されたWEB限定特別映像では、主題歌も務めるE-girlsの鷲尾伶奈のソロプロジェクト「伶」による挿入歌「こんな世界にしたのは誰だ」の音源が初解禁。また、雨に打たれて帰宅した一也が感情を爆発させるシーンなど、初解禁となる本編映像もふんだんに盛り込まれており、本作への期待が高まること間違いなし。

FANTASTICSとしての活動はもちろん『4月の君、スピカ。』(19)など俳優としても活躍著しい佐藤と、先日発表された「2020年エランドール賞新人賞」を受賞し今年も多数の出演作が控えている橋本。若手俳優界随一の輝きを放つ2人が、本作でどのような魅力的な演技を見せてくれるのか、いまから楽しみだ!

文/久保田 和馬


関連映画

関連映画ニュース