• NEWS

EXILE AKIRAの参戦が決定!黒澤明の魂を受け継ぐ『峠 最後のサムライ』予告編が完成

2020年3月5日 04:00

豪華キャスト集結の『峠 最後のサムライ』予告編&ポスタービジュアルが到着
豪華キャスト集結の『峠 最後のサムライ』予告編&ポスタービジュアルが到着[c]2020『峠 最後のサムライ』製作委員会

日本が世界に誇る巨匠・黒澤明監督の助監督として数々の作品に携わり、監督デビュー作『雨あがる』(00)で第24回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した小泉堯史監督の6年ぶりの最新作『峠 最後のサムライ』の公開日が9月25日(金)に決定。このたび本作の予告編とポスタービジュアルが解禁され、EXILE AKIRAが出演することが明らかになった。

累計発行部数381万部を突破した司馬遼太郎の「峠」を初めて映像化した本作は、幕末の“知られざる英雄”河井継之助を描いた物語。徳川幕府の終焉と共に諸藩は東軍と西軍に二分され、ついには戊辰戦争が勃発した慶応4年。長岡藩の家老・河井継之助はどちらにも属さない武装中立を目指すものの、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名としての義を貫き、西軍と砲火を交える決断を下すことに…。

このたび解禁された予告編は、役所広司演じる継之助が深々と頭を下げる緊迫したシーンから幕を開ける。激動の幕末の最中に100年先の世界を見据え、その視野の広さとリーダーシップで坂本龍馬と並び称された継之助。映像の中には彼の信念を表す力強いセリフの数々が散りばめられており、またフィルム撮影によって紡ぎだされた美しい映像のなかで繰り広げられる、壮烈な戦のシーンも垣間見える仕上がりに。

役所を筆頭に、松たか子や香川京子、田中泯、吉岡秀隆、仲代達矢ら錚々たる顔ぶれが集結した本作。その中に新たにEXILE AKIRAが加わることが決定。AKIRAが演じるのは継之助の良き理解者として共に新政府軍と戦う、越後長岡藩家老の山本帯刀役。ダンサーやモデルとしての活動に加え、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』(17)にも出演するなど俳優としても高い評価を集めるAKIRA。はたして本作でどのような活躍を見せてくれるのか、大いに期待しながら公開を待ちたい。


関連映画

関連映画ニュース