北村匠海、山田裕貴、吉沢亮…実写版『東京リベンジャーズ』に“最旬”俳優が集結! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/3/4 5:00

北村匠海、山田裕貴、吉沢亮…実写版『東京リベンジャーズ』に“最旬”俳優が集結!

「週刊少年マガジン」で連載されるやカッコ良すぎる登場人物たちと心揺さぶる名言の数々で、またたく間に若者の心をつかみ、コミックス累計発行部数300万部を突破した和久井健の「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化する『東京リベンジャーズ』の公開日が10月9日(金)に決定。このたび日本映画界を盛り上げる“最旬俳優”7名の出演が発表された。

本作はどん底のヘタレ男子、タケミチが人生唯一の彼女を救うために奔走していく物語。関東最凶の不良軍団“東京卍會”によって、学生時代に付き合っていた橘ヒナタと彼女の弟のナオトが殺されたことを知ったタケミチは、その翌日線路に転落したはずみに10年前にタイムリープしてしまう。あることがきっかけで未来を変えることに成功したタケミチは、ヒナタを救うため、そして逃げ続けた人生を変えるために、東京卍會に挑むことに。

先月本作の実写映画化プロジェクトが発表されるや、原作ファンの間ではキャスト予想が加熱。そしてこのたび、主人公のタケミチをはじめ主要キャスト7名が解禁となった。まずもっとも注目されていたタケミチ役は『君の膵臓をたべたい』(17)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『とんかつDJアゲ太郎』(6月19日公開)など話題作への出演が相次ぐ北村匠海に決定。

東京卍會の副総長であるドラケンこと龍宮寺堅役には『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月19日公開)が控える山田裕貴。物語のカギをにぎる存在である橘ナオト役には「日経トレンディ」が選ぶ“2020年の顔”にも選出された杉野遥亮が、タケミチの天敵であるキヨマサこと清水将貴役には「劇団EXILE」のメンバーで『今日から俺は!!劇場版』(7月17日公開)も控えている鈴木伸之が扮する。

さらにタケミチの親友であるアッくんこと千堂敦役は鈴木と共演した「今日から俺は!!」で見せた怪演で第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞した磯村勇斗が務め、東京卍會の幹部であるキサキこと稀咲鉄太役には『殺さない彼と死なない彼女』(19)での好演が記憶に新しい間宮祥太郎。そしてマイキーこと東京卍會総長の佐野万次郎役を『キングダム』(19)で第43回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した吉沢亮が演じる。

この上ない豪華キャストが集結した本作でメガホンをとるのは、大ヒットを記録した『ヒロイン失格』(15)や「賭ケグルイ」シリーズを手掛け、今後も『映像研には手を出すな!』(5月15日公開)や『ぐらんぶる』(5月29日公開)などの話題作が控える英勉監督。はたしてどのように原作の世界観が再現されていくのか、続報を楽しみに待ちたい!

関連作品

  • 東京リベンジャーズ

    -
    52
    和久井健原作のタイムリープ・サスペンス漫画「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化