• TOP
  • ニュース
  • 『SHIROBAKO』木村珠莉が思い描くみゃーもりと新キャラの関係性「2人で作品を作っていくところも見てみたい」
  • INTERVIEW

『SHIROBAKO』木村珠莉が思い描くみゃーもりと新キャラの関係性「2人で作品を作っていくところも見てみたい」

2020年3月4日 22:00

アニメーション業界を舞台に、その中で働く人々の奮闘を描いたテレビアニメ「SHIROBAKO」(2014~15年放送)。その約5年ぶりの最新作、劇場版『SHIROBAKO』が現在公開されている。そこで、本作の主人公で制作進行の宮森あおいを演じた声優の木村珠莉にインタビュー!初のレギュラー作品である本作への思いや劇場版の見どころを聞いてみた。

全速前進!ヨーソロー!
全速前進!ヨーソロー![c]2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

「SHIROBAKO」とは、アニメ制作会社「武蔵野アニメーション(通称ムサニ)」に勤務する新人制作進行のあおいを中心に、アニメーターの安原絵麻、新人声優の坂木しずか、CGクリエイターの藤堂美沙、脚本家志望の大学生・今井みどりら5人がそれぞれの夢を追いかける物語。このほか、監督やプロデューサー、美術や音楽スタッフなど様々なアニメ制作にかかわる人たちが登場し、ギリギリの納期や進行の遅れといったシビアな“業界あるある”も描き話題となった。

「(声優は)自分には向いていないんじゃないかと思っていました…」

「アイドルマスター シンデレラガールズ」や「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝」といった人気作に出演する木村だが、「SHIROBAKO」以前は声優を続けるか否かで迷いもあったと話す。「オーディションを受けても箸にも棒にも掛からなくて、自分には向いていないんじゃないかと思っていました。そんな時、マネージャーさんから『「SHIROBAKO」決まったよ!』と言ってもらい、路上で泣きながら抱き合ったのを覚えています(笑)」

宮森あおい役の声優、木村珠莉にインタビュー!
宮森あおい役の声優、木村珠莉にインタビュー![c]2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

そんな木村にとって本作は初めて主人公を演じた作品。プレッシャーなどはなかったのだろうか?

「アニメのお仕事は人生3回目でガチガチに緊張していましたが、本編のアフレコ前に、(劇中アニメ)『えくそだすっ!』のガヤ役で(絵麻役の)佳村はるかちゃんと(しずか役の)千菅春香ちゃんと参加したんです。その時に2人とは打ち解けられました。また、主役なので、座組を良くせねば!という気持ちがあり、(共演の)檜山修之さんたち先輩に声をかけて飲みに行ったりもしましたね。先輩方には本当に良くしてもらって、茅野愛衣さんに『衣装大変でしょ?』と服を譲ってもらっていました」

【写真を見る】テレビシリーズに続き劇場版でも宮森あおいを演じた木村珠莉
【写真を見る】テレビシリーズに続き劇場版でも宮森あおいを演じた木村珠莉[c]2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

「スタッフさんたちのことを思い浮かべてアフレコに臨めるようになった」

本作を通じて、「SHIROBAKO」の制作進行のスタッフとも交流があったそう。「最終話放送後の打ち上げでお会いでき、皆さんが『よかった~』と言いながら輪になって、達成感にあふれている様子が印象的で、青春だな~と。その時のスタッフさんたちの髪が伸び放題だったのですが、宮森さんもプリン頭なので、そこはリアルなんだなと実感しましたね。でも後日、取材で(制作会社の)ピーエーワークスさんにお伺いする機会があり、その際は髪型もスッキリ整えられていました!」

「SHIROBAKO」出演は声優としても得難い経験だったと続ける。「1本のアニメを作るうえで、こんなにも大勢の方がかかわっていることに驚きました。オーディションの前から企画は動いていたはずなので、本当に長い時間をかけて作られているんですよね。新人の頃は誰しも、(いっぱいいっぱいで)そういったことにあまり気づけないと思います。でも、『SHIROBAKO』に参加したことで、スタッフさんたちのことを思い浮かべてアフレコに臨めるようになったので、とても感謝しています!」

アニメ制作に携わる人々の姿が前へ進む勇気をくれる!
アニメ制作に携わる人々の姿が前へ進む勇気をくれる![c]2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

関連映画

関連映画ニュース