• TOP
  • ニュース
  • 大塚寧々がオダギリジョーの顔にたこ焼きをぶつけた?まえだまえだが恐怖体験を語る
  • NEWS

大塚寧々がオダギリジョーの顔にたこ焼きをぶつけた?まえだまえだが恐怖体験を語る

2011年6月6日 18:00

鉄道神社で『奇跡』の大ヒット祈願を行った一同
鉄道神社で『奇跡』の大ヒット祈願を行った一同

離れて暮らす家族の絆を取り戻すため、ふたりの少年が奇跡を起こす『奇跡』(九州先行公開中、6月11日全国公開)の九州先行公開を記念し、6月4日・5日に主演の前田航基、前田旺志郎ら出演者と是枝裕和監督が博多、熊本、鹿児島の計8劇場で舞台挨拶行脚を行った。

この日はJR博多シティ屋上の鉄道神社での大ヒット祈願からスタートし、航基、旺志郎、大塚寧々ら出演者と、是枝監督が参加。本作はオール九州ロケが行われ、是枝監督は「九州にまた戻って来て、この作品が公開できることがとても嬉しいです」、航基は「監督やスタッフさんたちが撮った作品ではありますが、この映画は九州の皆さんに協力してもらって一緒に作った作品なので、今日の日が迎えられてとても嬉しいです」と、それぞれが喜びを語った。航基、旺志郎の母親を演じた大塚は、「この映画は自分も見た後、とても温かい気持ちになったし、子供たちがキラキラしているのですごく温かい気持ちを持ち帰ってくれると思う」と、本作を紹介。

撮影を振り返り、台本を事前に渡されず、口建てで演出を受けていた子供たちは「とにかく自然に、としか言われていなかったし、事前準備もないし、楽しくて、難しいとは感じなかった」と素直に答えた。一方、大塚は「両親(橋爪功、樹木希林)とは鹿児島弁、子供たち(航基、旺志郎)とは大阪弁。さらに現場で子供たちは台本を渡されていなく、決まったセリフだけじゃないのが難しかった」と、苦労を明かした。そんな大塚の印象を、航基は「大塚さんは優しくて、撮影の合間もトランプやUNOとかで遊んでくださって、撮影中も撮影の間もすごい楽しくて優しい人」と語ったが、撮影では「家族4人(オダギリジョー、大塚、航基、旺志郎)の食卓のシーンで、大塚さんが怒るシーンがあって、それが本当に怖かった。1分前まで優しかった人が、いきなりキーっと目が上がって怒るから」と恐怖話を披露。これには旺志郎も「あれは本当に怖くてびっくりした。たこ焼きぶつけるのがオダギリさんの顔に当たってた」と暴露し、大塚は「怒るシーンなので本当に怒ってて、子供たちがびくっと本当に怖がってるのがわかりました。たこ焼きはオダギリさんの体にぶつけるつもりが、コントロールが悪く、顔に当たっちゃいました」とにこやかに弁解した。

5日に行われた鹿児島ミッテ10での舞台挨拶では、劇中登場のフラダンスチームからプレゼントされたレイをかけて登場。翌日に49歳の誕生日を迎える是枝監督へ、子供たちからサプライズの桜島ケーキと、鹿児島の観客からは「おめでとう」のプラカードメッセージが贈られた。これには是枝監督も「こういう時は言葉が出ないものですね」と感無量だった。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース