• NEWS

最も旬な男チャン・グンソクの特集上映が決定!

2011年6月28日 14:49

『待ちくたびれて』では。くりっとした大きな瞳で彼女に甘える年下彼氏を演じている | [c]2007 CINEMASERVICE/ i FILM, BLUEBUS PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

日本でのリメイクも決まったドラマ「美男<イケメン>ですね」でミュージシャンの主人公を演じ、大ブレイク。さらに4月にリリースしたデビューシングルがオリコンチャート初登場1位に輝くなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのチャン・グンソク。6月28日に行われた写真集発売&写真展開催の記者会見ではマスコミ100社以上も集まるというフィーバーぶりだ。そんな彼の人気を後押しするように、シネマート六本木では“チャン・グンソク祭”と題し、彼が出演する劇場未公開作を含む映画4本が7月9日(土)から8月5日(金)まで特集上映される。

今回、劇場初公開となるオムニバスムービー『待ちくたびれて』(08、日本未公開)では、兵役によってピンチを迎えた4組のカップルの紆余曲折を描く。グンソクは、6歳差カップルの甘え上手な年下彼氏を演じ、見る者の母性本能をくすぐる。同じく劇場初公開作で、高校生の男女3人が切ない三角関係を展開する『ドレミファソラシド』(08、日本未公開)では、グンソクがヒロインの相手役として、ヴォーカル&ギターを務めるバンドマンを爽やかに好演している。ほかにも、グンソクが中年オヤジたちとのバンドに情熱を注ぐ『楽しき人生』(07)、ひょんなことから、自分の子供だという赤ちゃんと暮らすことになった不良高校生の奮闘を描いた主演作『赤ちゃんと僕』(08)と、グンソクの魅力をあますことなく満喫できる内容となっている。

劇場での先着プレゼントやリピーター抽選プレゼントなど、イベントも盛りだくさんの特集上映。是非とも足を運んで、チャン・グンソクの魅力をたっぷりと堪能しよう。【トライワークス】

■チャン・グンソク祭
開催期間:7月9日(土)~8月5日(金)
会場:シネマート六本木
上映作品:『待ちくたびれて』『ドレミファソラシド』『楽しき人生』『赤ちゃんと僕』
※料金や先着プレゼントの内容などの詳細は特設サイトにて

関連映画ニュース

[c]2007 CINEMASERVICE/ i FILM, BLUEBUS PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.| [c]2008 RED BOX ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED.| [c]2007 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved| [c]2008 PRIME ENTERTAINMENT.CO.LTD| ※画像はチャン・グンソクさんのサイン入りオリジナル壁紙ではありません| Licensed by KBS Media Ltd.[C]2010 KBS All rights reserved.| [C]KJ-net| [c]2010 KBS All rights reserved. Licensed by KBS Media Ltd.| [c]フラウ・インターナショナル