• TOP
  • ニュース
  • 日本映画史上初となる横田基地での撮影も!『Fukushima 50』メイキングを収めた特別映像が解禁
  • NEWS

日本映画史上初となる横田基地での撮影も!『Fukushima 50』メイキングを収めた特別映像が解禁

2020年2月22日 18:00

『Fukushima 50』の特別映像が解禁!
『Fukushima 50』の特別映像が解禁![c]2020『Fukushima 50』製作委員会

日本観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が3月6日(金)より公開される。このたび、本作の貴重なメイキング映像などが収められた特別映像が解禁となった。

福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られた、ジャーナリスト門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を映画化した本作。世界のメディアから“Fukushima 50”と呼ばれ、原発事故現場となった福島第一原子力発電所に残った地元福島出身の作業員たちの命を懸けた知られざる“真実”が明かされる。主人公となる福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫役を佐藤浩市、福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺謙が演じ、吉岡秀隆、緒形直人、斎藤工、安田成美ら豪華実力派キャストが結集している。

【写真を見る】細部にまでこだわり抜き、リアリティを追求した『Fukushima 50』
【写真を見る】細部にまでこだわり抜き、リアリティを追求した『Fukushima 50』[c]2020『Fukushima 50』製作委員会

このたび解禁された特別映像では、未曾有の大事故となった福島第一原子力発電所でStation Black Out(全電源喪失)という危機に直面し、命をかけて戦った男たちの姿が描かれる。メイキング映像では、津波によって破壊された原発屋外を再現するために建設されたオープンセットなど、事故当時を忠実に描くため製作陣が細部にまでこだわった現場の様子を垣間見ることができる。また米軍の“トモダチ作戦”を再現するため、邦画初の米軍による撮影協力もあった本作。映像では横田基地での撮影の様子も映しだされ、本作のスケールの大きさを感じさせる。

さらに先日行われた福島県での試写会で、上映中に涙する人や「本当にああいうことが起こっていたんだということを、私たちは知らなきゃいけないと思いました」と語る被災地の方々の姿も。渡辺が「この男たちがもしかしたら世界を救ったのかもしれない。そういう想いでこの映画を届けることができたらと思います」と力強く語る様子も映しだされており、邦画では最大級のスケールで圧倒的リアリティを追求した本作を、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

文/富塚 沙羅


関連映画

関連映画ニュース