• NEWS

俳優生活50周年の高橋英樹が『劇場版ポケモン』でアニメ声優に初挑戦

2011年6月01日 14:52

高橋英樹、谷原章介ら豪華俳優陣が集結し、『劇場版ポケットモンスター』の公開アフレコを実施

ゲーム、アニメ、コミックと様々なメディアで展開し、世界中で爆発的な人気を誇る「ポケットモンスター」。その劇場版最新作が7月16日(土)より公開される。しかも今回は、邦画アニメ史上初の試みとして『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』と『劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム』の二作品が同日公開されるとあって、作品への期待度はますます高まっている。

そんななか、長年にわたって本シリーズに参加している山寺宏一や中川翔子をはじめ、アニメ声優初挑戦となる高橋英樹のほか、谷原章介、石原さとみ、大地真央、そして湯山邦彦監督が集まり、本作の公開アフレコが実施された。

伝説のポケモン・ゼクロムを演じた高橋英樹は、「今年で俳優生活50周年を迎えるのですが、アニメの声優は今回が初挑戦です。これまでは二枚目の役どころをたくさん演じてきたので、まさかこういうキャラクターを担当することになるとは思いもしませんでした(笑)。大人も子供も皆が『ポケモン』に夢中になっているなか、私だけが話題に入れないということがたびたびあったのですが、これからは自慢できますね」と、本シリーズに参加できた喜びを語った。

一方、もう一体の伝説のポケモン・レシラムを演じた谷原章介は、「実は僕、ポケットモンスターシリーズが大好きで、ゲーム版もかなりやり込んでいるんです。でもゲームではレシラムじゃなくて、ライバルであるゼクロムの方を仲間にしまして(笑)。愛着のあるゼクロムとは正反対のキャラクターを演じるのは新鮮な気分で、やっていて楽しかったです」と、ゲーム版の大ファンであることを明かした。

また、今年で5年連続『ポケモン』映画に出演することになった中川翔子は、「まさかの5作連続出演、そしてまさかの一人二役、めくるめく衝撃と感動で、今、これまでに演じたキャラクターたちが走馬灯のように頭の中を回っています。実は私、第1作目の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(98)を見た時、子供ながらに感動して泣いてしまったんです。そんな大好きなシリーズに参加できることが本当に嬉しいです。でも5年のうちに、演じるキャラと自分のレベル(年齢)の差がだんだん大きくなってきて、ちょっと焦りも感じたりしています(笑)」と話し、スタジオを沸かせた。

湯山監督も「ゼクロムとレシラム、それぞれを中心に物語を描こうとしたら、二作品作るしかないという結論に達しました」とのコメントを発し、まさにシリーズ最大級のスケールとなった。物語をよりいっそう楽しみたい方は、今のうちにゲーム版を徹底的にやり込んでおいた方が良いかも!?【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Poke’mon [c]2011 ピカチュウプロジェクト| [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Poke’mon [c]2012 ピカチュウプロジェクト| [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokemon [c]2011ピカチュウプロジェクト| (C)Disney