ハードな撮影中でも台湾を満喫!?モトーラ世理奈が最新主演作『恋恋豆花』の裏側を語る |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/2/21 8:00

ハードな撮影中でも台湾を満喫!?モトーラ世理奈が最新主演作『恋恋豆花』の裏側を語る

雑誌「装苑」でモデルデビュー後、数多くのファッション誌や広告に出演、2018年にはパリコレデビューを果たしただけでなく、女優としても注目を集めているモトーラ世理奈。そんな彼女の最新主演作が、台湾を舞台にしたキュートな映画『恋恋豆花』(2月22日公開)だ。

「装苑」での鮮烈なデビュー後、女優としても注目を集めるモトーラ世理奈
「装苑」での鮮烈なデビュー後、女優としても注目を集めるモトーラ世理奈撮影/オチアイユキ

恋愛や人間関係も含め大学生活がつまらなくなり、中退を考えている大学生の奈央(モトーラ)は、父の博一(利重剛)の提案で、彼の3度目の結婚相手となる綾(大島葉子)と台湾旅行をすることになる。“父の再婚相手”というだけのよく知らない女性となぜ旅行をしなければならないのか?と気乗りしない奈央だが、せっかくの台湾旅行を楽しみたいと思う気持ちもあり…。いろんな意味で気持ちが定まっていない奈央を、彼女はどう演じたのだろうか。モトーラ世理奈に、芝居への向き合い方や作品への想い、撮影秘話などを聞いた。

なにもかもがつまらなくなってしまった大学生の奈央を演じた
なにもかもがつまらなくなってしまった大学生の奈央を演じた[c]映画「恋恋豆花」製作委員会

「私は奈央とは違って専門学校に通っていたのですが、この年頃って、ホントに自分がやりたいことってなんなんだろう…とモヤモヤする時期だなあって。だから、そういう部分はきっと奈央も同じなんだろうなと共感しました」と話すモトーラ。等身大の自分にも近い役を演じるのはかえって難しくなかったのだろうか。「そういうことはあまり感じませんでした。ただ、ホントにロードムービーみたいな撮影で、ずっと撮影クルーと一緒にいたんです。監督が『この場所いいね!』と言ったら、『じゃあここで撮ろう!』ということもあったので、そういう時はプライベート気分からの切り替えが大変でしたね」。劇中の奈央は台湾旅行を楽しんでいるが、実際にモトーラも楽しんでいるので、役とシンクロするあまりどう切り替えれば良いか戸惑う部分もあったのだそう。しかし、今関あきよし監督は「『それでもいい。それが本当の表情だったらいいよ』と言ってくれました」と本作の撮影を述懐。

本作では監督のリクエストもあって様々な表情を見せているモトーラ
本作では監督のリクエストもあって様々な表情を見せているモトーラ[c]映画「恋恋豆花」製作委員会

ミニドラマ「美・少女日記」、『アイコ十六歳』(83)、『タイム・リープ』(97)など、これまでにも美少女たちの面差しを映像に収めてきた今関あきよし監督。今回モトーラは、監督の演出をどう感じたのだろうか。「今関監督は本当に少年のような方です。パワフルで、すごく柔軟だし、ラフに話してくださるんです」。オーディションの時もずっと話をしていたそうで、「超緊張していた」のに楽しかったんだとか。「監督からは、いろんな表情の私を観客に見せたいって言われました。私、いままで自分の中でもモデルとしてのイメージが強くて、そんなにいろんな表情を見せていなかったので、そう言ってもらえてうれしかったです」とニッコリ。

関連作品

  • 恋恋豆花

    2.0
    12
    今関あきよし監督が台湾を舞台に人と人の繋がりを描くモトーラ世理奈主演の人間ドラマ