• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 細田守監督がアカデミー賞候補の新鋭と対面!細田守作品と『レ・ミゼラブル』の共通点とは!?
  • EVENT

細田守監督がアカデミー賞候補の新鋭と対面!細田守作品と『レ・ミゼラブル』の共通点とは!?

2020年2月17日 20:55

第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を獲得し、第92回アカデミー賞国際長編映画賞にもノミネートされたフランス映画『レ・ミゼラブル』(2月28日公開)のプレミアム試写会が17日、東京・スペースFS汐留にて開催。現在来日中の新鋭ラジ・リ監督と、本作で市長役を演じたスティーヴ・ティアンチュー、そして応援に駆けつけたアニメーション監督の細田守が舞台挨拶に登壇した。

『レ・ミゼラブル』のラジ・リ監督が登壇!細田守とご対面

これまで幾度となく映像化されてきたヴィクトル・ユゴーの名作「レ・ミゼラブル」の舞台として知られるパリ郊外のモンフェルメイユを舞台にした本作。現在では犯罪多発地区の一部となった危険なこの街で犯罪防止班に加わった警官のステファンは、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、1人の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。自体は取り返しのつかない方向へと進み始めることに…。

「僕が1人の証言者となるように作った」物語の舞台であるモンフェルメイユ出身のラジ・リ監督

これが2度目の来日だというリ監督は「東京に来てこの作品を紹介するのは私の夢でした」と挨拶すると、先日出席したアカデミー賞の授賞式について「最初の長編作品でアカデミー賞の授賞式に出られるなんて例外的なこと。素晴らしいチャンスでラッキーでした」と振り返る。そして「ノミネートされたことで、いろんな国々の人たちに観ていただけるチャンスが与えられる。僕の生まれ育った地区の住人たちと作ってきたこの映画が世界に発信される。50近くの国で公開が決まっていますが、それぞれの国でこの作品の持つ普遍的なテーマを自分たちの問題であると認識してただけると思っております」と語った。

一方で細田は「カンヌの時からこの作品のことは知っていてすごく観たくて、釜山映画祭で観られると思っていたら全然チケットが取れなくて。それで当日会場のキャンセル待ちもしたんですが結局観られなくて…」と、ようやく日本で本作を観る機会を得たことを告白。そして「素晴らしい作品だったので本当に良かった」と手放しに大絶賛。そんな細田にリ監督は「子どもの頃から日本のアニメとともに育ってきたので、その巨匠である細田監督の隣にいられるだけで光栄です」と敬意を示す。

【写真を見る】細田守が『レ・ミゼラブル』を観るまでの苦労を告白!?「チケットが取れなくて…」

さらに細田は「この映画には様々な最前線が含まれている。僕らもそれを観て、これから変化していく日本の社会でも考えることがあるんじゃないかと思います」と熱弁を振るうと「子どもが作品のカギを握っていることが僕の作品と共通していると思った。リアリティある子どもたちはどうやって見つけたのですか?」とリ監督に訊ねる。するとリ監督は「モンフェルメイユで探しました。演技の経験がない子たちで、一緒にリハーサルをした。すばらしい演技をしてくれて本当に満足しています」と満面の笑みを浮かべた。

そしてリ監督は「僕自身もあの場所で育ってきた。ああいう社会の中で最初の犠牲者になるのは子どもたち。だから子どもたちをフィーチャーする作品にしようと思いました」とその意図を明かすと「フランスでは老若男女や社会階級の垣根を超えていろんな人が見てくれた。この作品を通して、きっとこの映画のテーマについての討論が前進するんじゃないかなと思っています」と期待を込めて語っていた。

取材・文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース