• NEWS

蒼井優と高橋一生が再共演!黒沢清監督のNHK8Kドラマ「スパイの妻」で夫婦役に

2020年2月16日 8:00

NHK8Kドラマ「スパイの妻」に高橋一生が出演!

『CURE』(97)や『散歩する侵略者』(17)など国内外で高い評価を得ている黒沢清監督が、『寝ても覚めても』(18)の濱口竜介と脚本を執筆し、主演に蒼井優を迎え8K・スーパーハイビジョンで制作中のNHKスペシャルドラマ「スパイの妻」(2020年6月放送予定)に、高橋一生が出演することが発表された。

1940年、第二次世界大戦前夜の神戸で時代の不穏な空気を感じ取っていた貿易商の福原優作は、妻の聡子を残し甥である竹下文雄と共に満洲に赴く。そこで偶然目にした非道な行いを世界に知らしめようと、心に決め行動に移そうとする優作。果たして、聡子と優作がたどり着く運命とは。幸福で平穏な日常が戦争という時代の波に翻弄されていくさまが描かれる。

現在公開中の『ロマンスドール』でも夫婦役を演じている蒼井と高橋だが、本作では主人公の蒼井演じる聡子の夫、神戸の貿易商・福原物産社長の福原優作役を高橋が演じる。本作が初の黒沢監督作品への参加となった高橋は、「終わって欲しくないほど充実した時間の中でお芝居をさせていただきました。この作品の完成が心から楽しみです」と撮影を振り返りコメント。

さらに今回あわせて、本作の音楽をスリーピース・バンド「ペトロールズ」のフロントマンで「東京事変」では浮雲の名で活動するギタリストの長岡亮介が担当することが決定。長岡は「今回は作品が放つイメージに自分のイメージを重ねていく、という初めての作業。興味深く加わらせていただきました」とコメントを寄せており、黒沢監督のもとどんな世界観が作り上げられているのか、いまから期待が膨らむ!

関連映画

関連映画ニュース