• TOP
  • ニュース
  • 『ブラック・スワン』に続き、巨匠の監修で伝説のバレエ映画が鮮やかによみがえる
  • NEWS

『ブラック・スワン』に続き、巨匠の監修で伝説のバレエ映画が鮮やかによみがえる

2011年6月28日 17:00

アンデルセンの童話「赤い靴」をベースに、バレリーナの悲劇が美しく描かれる
アンデルセンの童話「赤い靴」をベースに、バレリーナの悲劇が美しく描かれる[c] 1948 Carlton Film Distributors Limited. All Rights Reserved. Licensed by ITV Studios Global Entertainment Ltd. and Distributed by Park Circus Limited.

ナタリー・ポートマンのアカデミー賞主演女優賞受賞で注目を集めた『ブラック・スワン』(公開中)はバレエを題材にした作品だが、そんなバレエ映画の原点にして金字塔と評される1948年製作の映画『赤い靴』が、このたびデジタルリマスターを施され、7月2日(土)より公開される。

バレエか恋かの二者択一を迫られ苦悩するバレエダンサーの悲劇を描いた本作は、当時まだ珍しかったカラー映像の美しさや、英国バレエ界総出の本格的なバレエシーンなどが高く評価された作品だ。1950年の日本初公開当時も大ヒットを記録し、空前のクラシックバレエブームまで起こったというから、リマスター版の公開を喜ぶ往年のファンも多いことだろう。もちろん未見の方も『ブラック・スワン』のバレエシーンに魅了されたなら、その原点とも呼べる本作に衝撃を受けるはずだ。

リマスター版を監修したのは、『タクシードライバー』(76)の巨匠マーティン・スコセッシ監督。これまでにもスコセッシは『赤い靴』に対するリスペクトをたびたび公言していたが、彼が二年の歳月をかけてまで完成させただけあって、とても60年前の映画とは思えないほどの美しさに仕上がっている。ちょうど二年前のカンヌ映画祭で世界初公開されていながらも、今日まで一般の劇場で目にする機会がなかった本作。巨匠の愛で鮮やかに生まれ変わった名画を、是非劇場の大スクリーンでご覧いただきたい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース