• NEWS

中村倫也演じる“7人の僕”になにが…『水曜日が消えた』予告映像&ポスター到着

2020年2月11日 08:00

中村倫也の表情を捉えたポスターも到着!
中村倫也の表情を捉えたポスターも到着![c] 2020『水曜日が消えた』製作委員会

話題作に相次いで出演する中村倫也が7人の“僕”を演じ、気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれ注目を集める吉野耕平が監督、脚本、VFXと1人3役を手掛けた『水曜日が消えた』が5月15日(金)から公開される。このたび予告映像とポスターが到着した。

石橋菜津美、深川麻衣、きたろう、中島歩、そして「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が共演する本作は、1人の人間の内側で曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”のうち、最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して物語が展開する。

到着した予告映像では、「毎日言っていることが違うから、ろくに友だちができない」という“火曜日の僕”のつぶやきとともに、“僕”がほのぼのとした日常を送る様子から幕を開ける。しかし、“水曜日が消えた”ことで自体は急変。「あなたのなかで異変が起きています」と医師である新木(中島)の忠告や、一ノ瀬(石橋) の「水曜日に来てたんだ」という意味深な発言が飛びだすことに。さらに瑞野(深川)や安藤(きたろう)といった“7人の僕”を取り巻く人物が次々と登場し、“7人の僕”に降りかかる謎に交差していく。はたして “水曜日”になにが起きたのか、注目せずにはいられない。

吉野監督が生みだした映像美と、サスペンスフルか展開を思わせる予告映像が到着し期待が高まる本作。驚きの結末をぜひ劇場で目撃してほしい!

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース