• TOP
  • ニュース
  • 『タイタニック』3Dバージョンが2012年4月6日に世界同時公開へ
  • GOSSIP

『タイタニック』3Dバージョンが2012年4月6日に世界同時公開へ

2011年5月20日 10:32

タイタニック号沈没100周年のタイミングで3Dバージョンが登場
タイタニック号沈没100周年のタイミングで3Dバージョンが登場[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

ジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット主演の大ヒット作『タイタニック』(97)の3Dバージョンが、2012年4月6日(金)に世界同時公開されることが正式に発表された。

ハリウッド・レポーター紙が報じたもので、豪華客船タイタニック号は1912年4月10日に航海を始め、4月14日深夜に氷山に衝突して沈没しており、偶然にも3Dバージョンの公開は沈没100周年となると同時に、同作を手がけるパラマウント・スタジオの創立100周年にも当たる記念すべき年となる。

3D版の公開に際してキャメロン監督は、「15年前には実現できなかった技術を駆使して、デジタル編集し直しました。感情面と映像面の双方で1997年に公開された作品よりはるかに優れており、今回初めて同作を見る人にはもちろんのこと、過去に同作を見た人にとっても大きなスクリーンで見るに値する素晴らしい作品になるはずです」と自信たっぷりに語っている。

『タイタニック』は、アカデミー賞11部門にノミネートされ、キャメロン監督が『アバター』(09)で自ら記録を破るまで、全世界の歴代興行成績No.1の座に君臨し続けた歴史に残る超大作。当時でも圧巻だったが、3Dバージョンの迫力は半端じゃないだろう。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース