• NEWS

森山未來が北村匠海、勝地涼とリングで対決!『アンダードッグ』制作決定

2020年1月31日 10:00

「全裸監督」で総監督を務めた武正晴監督が本作のメガホンを取る!
「全裸監督」で総監督を務めた武正晴監督が本作のメガホンを取る!

ニュース、音楽、スポーツなどの多彩な番組をインターネットで配信する「AbemaTV」が開局以来はじめて手掛ける本格映画作品『アンダードッグ』を、東映ビデオと共同制作することが発表された。

本作のメガホンを取るのは、第88回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選出された『百円の恋』(14)を手掛け、Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」では総監督を務めた武正晴監督。『百円の恋』以来、6年ぶりにボクシングを題材にした作品に挑む武監督は本作を手掛けることに対し、「観ていただいたみなさまのおかげで、再びボクシング映画に挑む機会を与えていただいたことに感謝します」とコメントしている。また、脚本を執筆するのは『百円の恋』や「嘘八百」シリーズで武監督とタッグを組んできた足立紳が手掛ける。

さらに、主演を務めるのは『サムライマラソン』や『“隠れビッチ”やってました。』(どちらも19年)に出演した森山未來。森山はスターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で、“アンダードッグ”こと“咬ませ犬”として踏み台にされながらも這い上がろうともがく崖っぷちのプロボクサー、末永晃を演じる。ボクサーを演じるため撮影がはじまる半年以上前から本格的なボクシング練習を開始し、現在では武監督も「もはやプロボクサーにしか見えない」と語るほど、動き、肉体ともに鍛え上げぬいている森山は本作の出演に対し、「満たされない心だけがふらふらとさまよう。それでもいつかは立ち上がらなければならない。負けを自覚して、そこから前に進む道もあるのだと思います。お楽しみに」と期待高まるコメントを寄せている。あわせて共演に、『サヨナラまでの30分』(公開中)や『思い、思われ、ふり、ふられ』(8月14日公開)などに出演する北村匠海。北村は児童養護施設で育った経歴を持つ成長著しい若手ボクサーの大村龍太を演じる。北村は本作の出演に対し、「武監督のもと素晴らしいキャストのみなさまと同じ時間を過ごせることがとても楽しみです」と撮影への意気込みを語っている。そして、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)や『マスカレード・ホテル』(19)に出演した勝地涼も共演。勝地はテレビ番組の企画でボクシングに挑戦する鳴かず飛ばずの芸人ボクサー、宮木瞬を演じる。勝地は本作の出演に対し、「芸人として才能がないことを分かっている男が、ボクシングと出会い、芸人としてどう輝くのかという所を大事に演じていきたいです」とコメントしている。はたして、三者三様の生き様を抱えたキャラクターがどんな物語を展開するのか。

本作は劇場公開および「AbemaTV」プレミアム会員向け配信を2020年冬に行うべく、絶賛制作中とのこと。実力派キャスト陣とスタッフが生みだす熱い人間ドラマの今後の情報を心待ちにしたい!

関連映画

関連映画ニュース