• TOP
  • 映画ニュース
  • 犬鳴村
  • 【閲覧注意】最恐の心霊スポット「犬鳴トンネル」へ潜入…『犬鳴村』は実在した<写真36点>
  • COLUMN

【閲覧注意】最恐の心霊スポット「犬鳴トンネル」へ潜入…『犬鳴村』は実在した<写真36点>

2020年2月8日 20:30

入口を完全に封鎖しないためか、不自然に上部を空けて積まれたブロック石、その石に雑な文字で書かれたいたずら書き、鬱蒼(うっそう)と生い茂る草木、そしてどこへ続いているのか一切不明な漆黒の闇が広がる内部…。このトンネルの写真を見ているだけで、なんだか陰鬱な気持ちになってこないだろうか。

【写真を見る】閲覧注意…日本屈指の心霊スポット・旧犬鳴トンネルの内部、その恐怖の正体が明らかに<写真36点>
【写真を見る】閲覧注意…日本屈指の心霊スポット・旧犬鳴トンネルの内部、その恐怖の正体が明らかに<写真36点>撮影/黒羽政士

この不気味なトンネルこそが、日本屈指の心霊スポットとして知られる福岡県の「旧犬鳴トンネル」。トンネルの先には、日本政府の統治が及ばない、地図に載っていない集落「犬鳴村」があるとされ、付近で多数の霊の目撃例もあり、おもしろ半分で村に入った若いカップルが惨殺された…などなど、噂が絶えない“いわくつき”の超怖いスポットなのだ。7日より公開されている、“犬鳴村伝説”を題材にした映画『犬鳴村』に登場する犬鳴トンネルに、恐怖に震えながら足を運んでみた。

今回の目的地・旧犬鳴トンネルは、福岡県宮若市と槽屋群久山町・篠栗町との境をまたぐ犬鳴峠に実在する
今回の目的地・旧犬鳴トンネルは、福岡県宮若市と槽屋群久山町・篠栗町との境をまたぐ犬鳴峠に実在する
日本政府の統治が及ばない、狂人が住んでいるなど数々の噂を生んだ“犬鳴村伝説”
日本政府の統治が及ばない、狂人が住んでいるなど数々の噂を生んだ“犬鳴村伝説”
犬鳴村には数々の罠があり、それを踏んでしまうと斧を持った人たちが現れるという噂も…
犬鳴村には数々の罠があり、それを踏んでしまうと斧を持った人たちが現れるという噂も…

『呪怨』(03)や『輪廻』(06)で知られるJホラーの名匠・清水崇監督が手掛けた本作。霊感が強い臨床心理士の奏(三吉彩花)の周りで奇妙な出来事が次々に起こり始め、知人の女性がおかしくなり、奏の兄弟も失踪してしまう。そして、そのすべてに犬鳴トンネルが絡んでいること知った彼女は、謎を解決するために、トンネルの先の“村”へと足を踏み入れようとする…。

『犬鳴村』は2月7日より公開中
『犬鳴村』は2月7日より公開中[c]2020 「犬鳴村」製作委員会
奏が知った犬鳴村の衝撃的な真実とは?
奏が知った犬鳴村の衝撃的な真実とは?[c]2020 「犬鳴村」製作委員会

トンネルはもちろん、道路沿いにポツンと佇む電話ボックスや、実在した集落としての“犬鳴村”が沈んでいるとされる「犬鳴ダム」など、映画に登場するスポットはすべて実在していた。さらに、恐るおそる石の隙間からトンネル内部をのぞいてみると、ペットボトルやハンガーといった様々なゴミが散乱する無法地帯に。反対側も完全に石で塞がれているらしく、この先に村があるとは考えられないが…。

こ、これは有名な電話ボックス!
こ、これは有名な電話ボックス!
ダムの底に沈んだ村の歴史が、都市伝説を生みだしたのかもしれない
ダムの底に沈んだ村の歴史が、都市伝説を生みだしたのかもしれない
白いセダンに乗った若いカップルがおもしろ半分で村に入り惨殺されたという都市伝説も
白いセダンに乗った若いカップルがおもしろ半分で村に入り惨殺されたという都市伝説も
旧犬鳴トンネルの内部は多数のゴミが捨てられている
旧犬鳴トンネルの内部は多数のゴミが捨てられている

さらに奇妙なことに、トンネル付近数百メートルのみ各携帯会社の電波が圏外となり電波が遮断されるのだ。トンネル入り口にはなぜか折れ曲がったガードレールがそのまま放置され、使われなくなった家電も山中の至る所に投棄されている。そして、犬鳴峠の山道には「自己責任で」という文字が書かれた不安感をあおる案内板も…。

昼間でも薄暗く、周りの空気が止まったような独特の静寂さをたたえる旧犬鳴トンネル一帯だが、夜はまた格別。そこにいるだけで冷や汗が出はじめ、背筋にも寒気が。とにかく、一刻も早くこの場から離れたいという気持ちを抑えられなかった。

なぜこんなところに折れ曲がったガードレールが…
なぜこんなところに折れ曲がったガードレールが…
道案内には「自己責任で」の文字が…
道案内には「自己責任で」の文字が…
村の入り口には「この先、日本国憲法は適用しません」という看板があるとか
村の入り口には「この先、日本国憲法は適用しません」という看板があるとか

我々Movie Walker編集部は無事に帰ることに成功したが、さすが日本でも屈指の心霊スポットと言われる場所だけあって、その雰囲気は独特。それ以上に、厳しい山道をかき分けて進む必要があり、崖が崩れている部分もあるため、安全上はもちろんお勧めできない。

映画『犬鳴村』は精巧に再現されたトンネルのセットを使用して撮影されているので、清水監督の演出と相まって恐怖感も本物をしのぐほど。読者の方々は、映画館で旧犬鳴トンネルと対面を果たしてほしい。

急に、電波やWi-Fiが入らなくなったり、多数の霊の目撃情報も
急に、電波やWi-Fiが入らなくなったり、多数の霊の目撃情報も

 

※記事初出時、配慮に欠く表現がありましたことを訂正してお詫びいたします。

文/トライワークス

撮影/黒羽政士



【閲覧注意】日本最恐の心霊スポットへようこそ…『犬鳴村』特集




関連映画

関連映画ニュース