• TOP
  • 映画ニュース
  • 綾野剛&北川景子が“凸凹コンビ”を結成!「ドクター・デスの遺産」映画化決定
  • NEWS

綾野剛&北川景子が“凸凹コンビ”を結成!「ドクター・デスの遺産」映画化決定

2020年1月27日 06:00

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』は11月公開予定
『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』は11月公開予定[c]2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

映画化もされた「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した“どんでん返しの帝王”中山七里の人気シリーズ「刑事犬養隼人」シリーズの1編「ドクター・デスの遺産」が、このたび『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』のタイトルで実写映画化されることが決定した。

本作は安楽死を手口とする連続殺人犯と刑事の攻防戦を描いたクライム・サスペンス。終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、捜査に乗り出した警視庁捜査一課の犬養隼人と高千穂明日香は、“ドクター・デス”という医者の存在にたどり着く。そんななか、重度の腎臓病に苦しむ犬養のひとり娘・沙耶香がドクター・デスに安楽死を依頼してしまい…。

主人公の敏腕刑事、犬養隼人役を演じるのは「新宿スワン」シリーズや『楽園』(19)などで幅広い役柄を演じ分け、『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)で第43回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した綾野剛。本作への出演について「禁断の題材にとうとう触れてしまった思いでなりません」と語った綾野は「スタッフ、キャストと共に、新境地に立つことができました」と自信をのぞかせる。

また、犬養とバディを組む冷静沈着な刑事の高千穂明日香役には『探偵はBARにいる3』(17)で第41回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した北川景子。『パンク侍、斬られて候』(18)以来となる綾野との共演について「2人1組でずっと動く役は初めて。綾野さんは常に役と向き合っておられる熱い方です」と語り、「私たち凸凹コンビをどうぞ楽しみにしてください」とコメント。

そしてメガホンをとるのは「神様のカルテ」シリーズや「サクラダリセット」前後編など、人間ドラマからサスペンスまで幅広いジャンルでその手腕を発揮してきた深川栄洋監督。酷暑がつづいた昨年7月から8月にかけて撮影が行われた本作は、現在鋭意編集中とのことで、11月の公開を予定している。続報に期待したい!

関連映画ニュース