• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 新田真剣佑、北村匠海の“超高速足踏み”に「無理!おもしろすぎる!」と咳き込んで爆笑
  • EVENT

新田真剣佑、北村匠海の“超高速足踏み”に「無理!おもしろすぎる!」と咳き込んで爆笑

2020年1月25日 14:10

今日も仲よし!新田真剣佑&北村匠海
今日も仲よし!新田真剣佑&北村匠海

新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を務めた『サヨナラまでの30分』の公開記念舞台挨拶が1月25日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、新田と北村をはじめ、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、萩原健太郎監督が登壇。映画のタイトルにある“30”という数字にちなみ、「30秒で万歩計の歩数をどれだけ増やせるか」というゲームにトライすることとなり、北村が“超高速足踏み”を披露。その本気ぶりに新田が「おもしろすぎる!」と笑いと咳が止まらなくなるハプニングがあった。

『サヨナラまでの30分』の公開記念舞台挨拶が開催された
『サヨナラまでの30分』の公開記念舞台挨拶が開催された

本作は、人づきあいが苦手な颯太(北村)が、1年前に亡くなったバンドのボーカルのアキ(新田)が遺したカセットテープを偶然に拾ったことから始まる青春音楽ラブストーリー。アキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ2人が入れ替わり、ひとつの身体を共有していくことになる彼ら。颯太は次第に仲間と音楽を奏でる楽しさを知っていく。

プライベートでも親交の深い新田と北村が、“ひとつの体を共有する”という役柄で共演を果たした。新田は「颯太とアキがぶつかるシーンが印象深い。心を開いた場面だった」と話し、北村も「常に一緒でしたから。お互いがお互いを支え合ってやってきた。2人のシーンは思い出深い」と同意。新田が「すごいきれいな顔をしている」とトークをする北村の横顔をじっと見つめるなど、仲のよいやり取りを繰り広げていた。

この日は、豪華肉づくし弁当をかけてゲームにチャレンジすることになった。新田と北村、久保田と葉山、上杉と清原がそれぞれチームを組んで、まずは「30秒でカセットテープをどれだけ高く積み上げられるか」という勝負にトライ。見事に新田&北村チームが勝利し、続いて「30秒で万歩計の歩数をどれだけ増やせるか」という勝負に挑むことに。

「スタート」の声がかかると、北村は両手の拳を握って、その場で高速の足踏みを披露。必死になって足踏みする姿に、新田は目に涙を浮かべて爆笑。「無理、無理、無理!おもしろすぎる!」と声を上げ、膝から崩れ落ちたり、笑いすぎて咳が止まらなくなるひと幕も。北村から「この赤い人、勝つ気ありませんよ!」と着ている真っ赤なスーツをいじられながら突っ込まれていた。北村の奮闘のおかげか、こちらのゲームも新田&北村チームが勝利。豪華肉づくし弁当ゲットの権利を受け取っていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース