亀梨和也、ホラー映画初出演で“事故物件住みます芸人”に!監督は中田秀夫 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/1/21 6:00

亀梨和也、ホラー映画初出演で“事故物件住みます芸人”に!監督は中田秀夫

“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシのベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が、ホラー初出演となる亀梨和也主演で映画化されることが決定。8月28日(金)より公開される。

前の住人が自殺や殺人、孤独死、事故などで亡くなっている部屋や家のことを指す“事故物件”。テレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画で2012年より事故物件に住み始め、実際に9軒もの事故物件に住んできた芸人の松原タニシの体験を紹介した原作は、ノンフィクションとしては異例の10万部を突破。実際に起きた不思議な話をすべて“間取り付き”で紹介しており、「ペンキで塗りつぶされた鏡」 「帰宅すると勝手に空いている襖」などリアリティのある怪談として大きな話題を呼んでいる。

映画化となる本作では、主人公の売れない芸人、山野ヤマメ役をホラー初出演となるKAT-TUNの亀梨和也が演じ、『リング』(98)でハリウッド進出を果たし、『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠、中田秀夫がメガホンをとる。物語では、タニシが実際に体験した怪奇現象をリアルに再現。ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメは、やがて様々な怪奇現象に遭遇し、“事故物件住みます芸人”として大ブレイクしていくが…。

果たして、ヤマメを待つ最恐の事故物件とは?1月下旬からクランクインし、都内近郊で撮影予定となっている本作。亀梨和也と中田秀夫監督のタッグにより、どんなホラー・エンタテインメントが誕生するのか、今夏の公開へ向け続報に期待したい!

関連作品