• INTERVIEW

『ハイフリ』脚本・鈴木貴昭が語る制作裏話…「吉田玲子さんが物語を明確にしてくれた」

2020年1月23日 21:30

2016年放送のテレビアニメーション「ハイスクール・フリート」が劇場版になって帰ってきた!日本列島の大半が海に沈んだパラレルワールドを舞台に、海上の安全を守る職業“ブルーマーメイド”を目指す少女たちのドラマを描く本作。『劇場版 ハイスクール・フリート』(公開中)では、呉・舞鶴・佐世保を含めた全女子海洋学校の生徒が一堂に会し、文化祭と体育祭を行う「競闘遊戯会」を実施。大和・信濃・紀伊など超大型艦も集い、晴風メンバーたちに「ハイフリ」史上最大のピンチが訪れる…!テレビシリーズから原案・脚本を務めてきた鈴木貴昭に物語作りのこだわりや、劇場版の見どころ、制作裏話などを語ってもらった。

『劇場版 ハイスクール・フリート』は航海(公開)中
『劇場版 ハイスクール・フリート』は航海(公開)中[c]AAS/新海上安全整備局

「吉田玲子さんはセリフ一つでキャラクターの説明ができる」

「ハイフリ」を描くうえで、スタッフ陣は2つのテーマを大切にしていたという。「一つは“絆”です。友人、家族、乗員同士など、様々な形の絆を描いています。本作では特に、クラスメイトになった女の子たちが絆を結び家族になっていく姿を描くことを意識しました。これが表のテーマです。2つ目は言わば裏のテーマで、“ミリタリー初心者に優しい作品を作ろう”というものでした。こういったジャンルはどうしてもマニアックな方向に進んで行きがちです。ジャンルの閉塞を防ぐべく、定期的に新しいファン層を増やすために、わかりやすいものを意識して作っていました。だからこそ、女の子たちの絆を描くことがメインテーマだったんです」

「晴風」艦長の岬明乃らが帰ってくる!
「晴風」艦長の岬明乃らが帰ってくる![c]AAS/新海上安全整備局

多くのキャラクターが登場する本作で、シリーズ構成の吉田玲子の存在は大きかったそうだ。「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』や『ガールズ&パンツァー』でもご一緒し、毎回吉田さんのすごさを実感しています。しっかりと計算し、セリフ一つでどういうキャラクターなのかを説明することができる、本当にすごい方です。僕には手が届かない存在ですし、真似できないと思っています。それぞれのキャラの個性が立ったのは吉田さんのおかげです。僕じゃなきゃできない部分、そして共同脚本の岡田(邦彦)さんじゃなきゃできない部分、それぞれの得意分野をしっかり活かして進めることができたのも、吉田さんが物語の構成と関係性、途中に必要な出来事などを明確にしてくれたからこそだと思っています」

全女子海洋学校の生徒が一堂に会す
全女子海洋学校の生徒が一堂に会す[c]AAS/新海上安全整備局

「もえかが、ましろに明乃をまかせていい!と思える状況を作ることがポイント」

作品を手掛けるうえで、どんなところにこだわっているのだろうか?「監督のアイデアにはできるだけNOと言わないことです。作品は監督のものだと思っています。だからこそ、監督のアドバイザーになれるようにアイデア出しをすること、これが僕らのやるべきこと、自分の役割だと思っています」

明乃ともえか、ましろの関係にクローズアップ!
明乃ともえか、ましろの関係にクローズアップ![c]AAS/新海上安全整備局

劇場版で一番描きたかったことを教えてもらった。「テレビシリーズではもえかが明乃を見ているという関係性があります。しかし、その中にましろは入っていません。劇場版ではましろも加わった三角関係がきちんとでき上がり、それぞれがお互いを意識できる関係にしたいと考えていました。もえかが、ましろに明乃をまかせていい!と思える状況を作ることがポイントでしたね」

ましろに別艦での艦長の話が!明乃との関係にも変化が…
ましろに別艦での艦長の話が!明乃との関係にも変化が…[c]AAS/新海上安全整備局

「テレビシリーズではできなかった迫力満点の艦隊戦を描くことができて大満足」

劇場版に登場する「競闘遊戯会」。競技内容の着想はどんなところにあったのだろうか。「実際に海軍兵学校で行われている競技を参考にしました。そのアイデアを共同脚本の岡田さんに預け『ハイフリ風にアレンジしてください!』とお願いした形です(笑)。水着で競技をするというのは、まさにハイフリ風のアレンジだったと思います」

【写真を見る】海上でチャンバラ!?水着だらけの大運動会
【写真を見る】海上でチャンバラ!?水着だらけの大運動会[c]AAS/新海上安全整備局

お気に入りのキャラクターは五十六だと話す。「これだけたくさんの魅力的なキャラクターがいると、お気に入りを見つけたくなるものですが、女の子たちは自分の娘のような存在なので、選ぶのは難しいです。あえて選ぶなら、唯一、視聴者の目線になれる五十六ですね。女の子たちが楽しんでいる中に入ってもおかしくない存在ですし、我々の分身かなと思っています」

次々と登場する大型戦艦たち
次々と登場する大型戦艦たち[c]AAS/新海上安全整備局

劇場版の見どころを教えてもらった。「女の子たちの冒険活劇を描いているので、観た後に“明日からもがんばろう”という気持ちになってくれたらうれしいです。そして、ミリタリーや史実に興味を持つきっかけになればとも思っています。僕自身のこだわりとして“入り口のハードルは低く、奥は地獄のように深く”を意識して描いています。ちょっとした用語や小物、やっていることの背景には、実はこういう歴史やネタがあるんだよというのをふんだんに散りばめています。観る人に“気づき”を与えられることを常に意識しているので、そこに気づいてもらえたら最高です!そして、劇場版には念願の大和型4隻を登場させました。テレビシリーズではできなかった迫力満点の艦隊戦を描くことができて大満足です。主砲36門の一斉射撃、ぜひ大きなスクリーンで体感してください!」

テレビシリーズから原案や脚本で「ハイスクール・フリート」に携わる鈴木貴昭
テレビシリーズから原案や脚本で「ハイスクール・フリート」に携わる鈴木貴昭

取材・文/タナカシノブ

関連映画

関連映画ニュース