King & Prince永瀬廉主演で『弱虫ペダル』が実写映画化!「時間を忘れさせるような作品に」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/1/18 7:00

King & Prince永瀬廉主演で『弱虫ペダル』が実写映画化!「時間を忘れさせるような作品に」

2008年に「週刊少年チャンピオン」で連載が開始され、コミックスの累計発行部数は2500万部を突破。これまでアニメや舞台など、様々なコンテンツでメディアミックスされてきた渡辺航原作のスポーツ青春漫画「弱虫ペダル」が、King & Princeの永瀬廉主演で実写映画化されることが決定した。

本作は、運動が苦手で友だちのいないアニメ好きの高校生・小野田坂道が、あることをきっかけに自転車競技部に入部。自転車選手として思わぬ才能を発揮していき、初めてできた仲間のために、自分の限界や壁を超えてレースで走る喜びを見出していく物語。

主人公・小野田坂道を演じるのは一昨年のデビュー以来、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気グループKing & Princeのメンバー、永瀬廉。昨年公開された『うちの執事が言うことには』(19)で映画初主演を務め、テレビドラマ「俺のスカート、どこいった?」や「FLY!BOYS,FLY!僕たちCAはじめました」など話題作への出演が相次ぐ永瀬が、人気コミックの実写化に初挑戦。

昨年の12月から舞台公演や歌番組の収録の合間をぬって自転車練習をはじめた永瀬は、2回目の練習で時速40キロ近くを出し、3回目では山道を全力疾走するなど適性の高さを発揮。また原作やアニメも熱心に研究しているとのことで、本作への出演について「とても光栄です。ひとつの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」とコメントしている。

また、坂道の良きライバルの今泉俊輔役を現在大ブレイク中の伊藤健太郎が、自転車競技部のマネージャー寒咲幹役は昨年4本の映画に出演し、原作のファンでもあるという橋本環奈が演じる。そして『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)などで知られる三木康一郎監督がメガホンをとる。『弱虫ペダル』は2月から撮影が開始され、8月14日(金)から公開。続報に乞うご期待!