• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「耳すま」の10年後を実写化!清野菜名&松坂桃李W主演『耳をすませば』公開決定
  • NEWS

「耳すま」の10年後を実写化!清野菜名&松坂桃李W主演『耳をすませば』公開決定

2020年1月14日 21:00

劇場用アニメーションも制作された『耳をすませば』が実写映画化! | [c] 柊あおい/集英社 [c] 2020『耳をすませば』製作委員会

1989年に少女コミック誌「りぼん」で発表され、1995年にはスタジオジブリによって劇場用アニメーションが制作された、柊あおいの『耳をすませば』が清野菜名と松坂桃李のW主演で実写映画化され、9月18日(金)から公開されることが決定した。

本作は、原作の世界観を忠実に再現する「あのころ(過去)」と、10年が経ち、大人になった雫と聖司の関係を映しだすオリジナルストーリー「10年後(現在)」が展開する。読書が大好きな中学3年生の雫は、同級生の聖司と出会う。最初の印象は最悪だったが、雫は夢を追う聖司に次第に惹かれていく。聖司も小説家になるという雫の夢を知り、彼女に想いを寄せはじめる。そして10年の月日が流れ、24歳になった雫は出版社で児童小説の編集者になっていた。小説家になる夢はあきらめ、本を売るために必死な毎日。一方、夢を追い続けて海外で暮らす聖司との間には、いつの間にか距離が生まれていた…。

大人になった雫を演じるのは、『パーフェクト・レボリューション』(17)や『恋は雨上がりのように』(18)など数多くの作品に出演する清野菜名。清野は本作の出演に対し、「雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています」と語っている。また、大人になった聖司を演じるのは、『孤狼の血』(18)や『蜜蜂と遠雷』(19)などに出演し、CMや舞台などでも活躍する松坂桃李。松坂は「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることを嬉しく思います」とコメントしており、W主演を務める実力派俳優の清野と松坂が、どんな演技を魅せるのか期待が高まる。

そして本作のメガホンを取るのは『記憶屋 あなたを忘れない』(1月17日公開)や『約束のネバーランド』(12月18日公開)など、数々の話題作を手掛ける平川雄一朗監督。平川監督は「主演の2人を始めとするスタッフ・キャストの力を集結させ、原作の空気感をそのままに心温まる映画となるよう、まい進したいと思います」と本作への意気込みを語っている。

“あの頃の気持ち”が溢れるであろう、切なくピュアな青春ラブストーリーに期待せずにはいられない!

関連映画

関連映画ニュース

[c] 柊あおい/集英社 [c] 2020『耳をすませば』製作委員会| [c]柊あおい/集英社 [c]2020『耳をすませば』製作委員会| [c] 1997 Studio Ghibli - ND| [c] Studio Ghibli| [c]2015 Studio Ghibli| [c]Studio Ghibli| [C]2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT