飯豊まりえ&稲葉友、“シライサンケーキ”でのサプライズに冷や冷や!「シライサンが来るんじゃないかと…」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/1/10 20:53

飯豊まりえ&稲葉友、“シライサンケーキ”でのサプライズに冷や冷や!「シライサンが来るんじゃないかと…」

「ZOO」や「GOTH」「きみにしか聞こえない」など、これまで多くの著作が映像化されてきた人気作家・乙一が、本名である安達寛高の名で長編映画監督デビューを果たしたホラー映画『シライサン』の公開初日舞台挨拶が10日、新宿ピカデリーにて開催。主人公の瑞紀役を演じた飯豊まりえと春男役の稲葉友、そして安達監督が登壇した。

安達監督の完全オリジナル脚本による本作は、名前を知ってしまったら呪われてしまう“シライサン”の恐怖を描いた衝撃作。女子大生の瑞紀は、ある日突然目の前で親友が謎の死を遂げてしまう。そのショックから立ち直れない彼女は、弟の変死に直面した青年・春男とともに真相を探るうち、“シライサン”の話に行き当たる。やがて2人は、決して逃れられないシライサンの呪いに直面することに…。

「ただただシライサンがひとり歩きしていったらいいなと思います!」と満面の笑みで初日を迎えた喜びを語った飯豊は、本作がホラー映画初挑戦。「どうやったらお客さんが怖がってくれるんだろうと追求しながら演じていました」と綿密な役作りについて明かす飯豊だが、稲葉からは「飯豊さんは撮影中とびきり怖がっていた」というタレコミが。それについて「なにが起きても近くにシライサンが来ちゃったんじゃないかと思って、台詞を噛んでもシライサンの呪いかと思いました」とはにかむ飯豊。

さらに飯豊は、撮影中にあるルールがあったことを明かし「出演の話をいただいた時には『よし叫ぼう!』と思っていろんなホラー映画を観たんです。でも衣装合わせの時に監督から『叫ばないでください』って言われて、ホラーヒロインの醍醐味が封印されるってどういうことなんだろうと思いました」と振り返る。すると安達監督は「怖いものが出てきて叫んじゃったら、そこで怖さが終わる気がしたんです」とホラー演出への強いこだわりを語った。

また安達監督は、キャスト2人の印象について聞かれると「芸能人はオーラがすごい。現れたら現場の空気が変わるんです。撮影までは和気あいあいとしていましたが、始まるとホラーになる。すごいなと思いました」と絶賛。一方で飯豊は「とてもホラー映画を描いたとは思えないほど穏やかな方」と安達監督の印象を語りつつ、「でも打ち上げの時に監督が『この映画を通して人々を絶望の気持ちに陥れたいと思いました』とおっしゃっていて、ギャップがすごいなって思いました(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

その後、1月5日に誕生日を迎えた飯豊と12日(日)に誕生日を迎える稲葉のダブルバースデーを祝して“シライサン”をイメージしたケーキが運び込まれる。安達監督が「血みたいですね(笑)」とニヤリと微笑むと、飯豊は喜びながらも「こんな怖いケーキ見たことない!」とおっかなびっくり。MCから怖いことは起きないと告げられると稲葉は「シライサンが来るんじゃないかとずっと想像してました!」と安堵の表情を見せた。

そして「22歳のスタートにこのように初めて主演をさせていただいて、初めは怖すぎてハイカロリーだと思っていたんですけど、こんなにいいことが待ってたと思うと嬉しいです」と感謝を述べた飯豊。「新しいホラー映画が今日産み落とされたと思っています。ホラー好きの方も苦手中にも、どのように捉えていただけるのか楽しみにしています。シライサンの名前がどんどん知れ渡ったらいいなと思います」と、新たなホラーキャラクターの発展に期待を込めて語った。

取材・文/久保田 和馬

関連作品

  • シライサン

    3.2
    161
    小説家・乙一として知られる安達寛高が長編初監督を務める飯豊まりえ主演のホラー映画