松本穂香が号泣…!『酔うと化け物になる父がつらい』予告編&ポスタービジュアルが解禁 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/1/9 18:00

松本穂香が号泣…!『酔うと化け物になる父がつらい』予告編&ポスタービジュアルが解禁

菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを映画化した『酔うと化け物になる父がつらい』が3月6日(金)より公開される。このたび、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母という一風変わった家庭で育った主人公のサキ。そんな“化け物”のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになっていくが、ある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかる。知らなかった本当の父の姿、そしてサキが伝えたかった本当の気持ちとは…。主人公の田所サキ役を、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」(18)で注目を浴びた女優の松本穂香が演じ、サキの父を名バイプレーヤーとしても名高い演技派俳優の渋川清彦が演じる。さらにともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かなキャスト陣が作品を彩る。

このたび解禁された予告編では、松本演じるサキの「思い出の父はいつも酔っていた」という台詞から始まり、渋川演じるアルコールに溺れる父のトシフミが酔っ払い、風呂場で全裸で横たわる姿など、過激なエピソードが映しだされる。そんななか、トシフミに病気が発覚したことで、心に仕舞っていた父への想いに徐々に気がついていくサキ。これまで知ることのなかった父の背景と共に、想いがあふれていくサキの様子が、GOOD ON THE REELの書き下ろし主題歌「背中合わせ」にのせてエモーショナルに描かれていく。

またあわせて解禁されたポスタービジュアルには、今泉佑唯演じる妹のフミも加えた家族4人の食卓風景を捉えた写真が映しだされ、卓上に顔を突っ伏した父の姿やイラストが、コミカルさを感じさせるビジュアルに。原作にオリジナル要素を加えた、つらく哀しい出来事をユーモアたっぷりに描いた本作を期待して待ちたい!

文/富塚 沙羅


関連作品