• EVENT

藤原竜也、福士蒼汰と「18時間ジャンケンした。朝から深夜まで!」『カイジ 』撮影秘話告白

2020年1月7日 18:57

藤原竜也&福士蒼汰、おそろいのはっぴ姿でフォトセッション!
藤原竜也&福士蒼汰、おそろいのはっぴ姿でフォトセッション!

原作者の福本伸行による完全オリジナルストーリーで描く人気映画シリーズ最終章『カイジ ファイナルゲーム』(1月10日公開)の特別試写会が1月7日にスペースFS汐留で開催され、藤原竜也と福士蒼汰が登壇。ジャンケン対決も見どころとなる本作だが、藤原が「福士くんとは20時間くらいジャンケンをやっていた。18時間くらいかな。朝行って、深夜までずっとジャンケン。ルールが複雑なので、意味がわからなくなってきた」と撮影秘話を明かした。

【写真を見る】ステージ上で藤原竜也と福士蒼汰がジャンケン対決!
【写真を見る】ステージ上で藤原竜也と福士蒼汰がジャンケン対決!

本作は、シリーズ累計2100万部を超える大ヒットコミックを映画化した「カイジ」シリーズの9年ぶりとなる最新作。4つの新ゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場するオリジナルストーリーが展開する。

これまでのシリーズ全作品で主演を務めてきた藤原は「9年ぶりということで不安もあった」と明かしつつ、「たくさんのお客さんに受け入れられる作品になれば。非常に楽しみです」と公開前の心境を吐露。「藤原さんと共演するのが夢だった」という福士は、「『カイジ』という作品でご一緒できるなんて夢にも思わなかった。こうやって横に並べてうれしい」と感激しきりだった。

お正月に話が及ぶと、藤原は「ダラダラと。寝正月よりひどい」というほどの、ゆったりとしたお正月を過ごしたことを告白。「なにもしなかった。気がついたら年が明けていた。それはそれで幸せでした。お酒を飲んで、いっぱい食べて、テレビ見て、映画見て。ビールも飲みましたよ!おいしかったです」とニッコリ。福士は「母親のお雑煮が好きで、それを食べていました。昆布と餅米をミックスして作るお餅をお米屋さんに頼んでいて。それを毎年食べています」と福士家の定番を明かしていた。

またこの日は、劇中では敵対する役どころを演じた2人がステージ上でジャンケン対決を実施。ジャンケンで負けたほうが一般公募した質問に対して答えることとなったが、負けた福士が「共演者に物申したいこと」という質問の回答として、新田真剣佑の素顔を暴露するひと幕も。「1日中、ジャンケンの撮影をした日。夜中の11時くらいに撮影が終わって、次の日も撮影があるにもかかわらず、マッケンが11時過ぎに『ねえ福士くん、ご飯行こうよ』とずっと言ってきた。会って初日ですよ。かわいいんだけど、11時過ぎはキツイ」と語ると、藤原も「ヤツはすぐ懐に入ってきますからね。気をつけないといけない」と新田の“人たらしぶり”を証言していた。

成田 おり枝


一筋縄ではいかない、“藤原竜也という才能”の多面的な魅力を解き明かす!

関連映画

関連映画ニュース