• NEWS

乃木坂46・齋藤飛鳥が白目で卒倒…山下美月、梅澤美波らと挑む『映像研には手を出すな!』場面写真が到着

2019年12月29日 12:00

主人公の浅草みどり役を演じる齋藤飛鳥が白目で倒れる姿に驚愕!
主人公の浅草みどり役を演じる齋藤飛鳥が白目で倒れる姿に驚愕![c] 2020 「映像研」実写映画化作戦会議 [c] 2016 大童澄瞳/小学館

「月刊!スピリッツ」で連載されている大童澄瞳の同名漫画を、乃木坂46のメンバーである齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の共演で映画化した『映像研には手を出すな!』が2020年初夏に公開される。このたび、現在絶賛撮影中の現場から場面写真が到着した。

『映画 賭ケグルイ』(19)や『前田建設ファンタジー営業部』(2020年1月31日公開)の英勉監督がメガホンを取る本作は、浅草みどり、水崎ツバメ、金森さやかの3人の女子高生が“最強の世界”を夢見てアニメーション制作に取り組む姿を描く物語となっている。

到着した場面写真では、極度の人見知りで他人とまともに話すことができない主人公の浅草が、あるプレッシャーに耐え切れず、白目を剥いて倒れてしまうシーンを齋藤、山下、梅澤が徹底的な役作りのもとで演じる姿が収められている。浅草役の齋藤は、普段のロングヘア姿から一変、原作同様にショートカットのヘアスタイルとなり、浅草のトレードマークである迷彩柄の帽子を着用。

そして、様々な映像作品に出演する齋藤がこれまで見せたことのない表情をみせており、まさに体当たりの演技を披露している。また、金儲けに目がないプロデューサー気質の金森役の梅澤もまた原作同様に、眼鏡を頭にかけた金森のスタイルを完璧に再現。さらに水崎役の山下も、読者モデルという役どころを美しさ溢れる姿で演じている。

撮影現場を訪れた原作者の大童澄瞳が自身のTwitterで「飛鳥先生はすみっこで“はっはっは”って言ってたので浅草氏です」「山下美月先生は水崎氏ハマり役でしたね。これがリアルかというのがありました」「梅澤美波先生な、後ろ姿から金森氏でしたよ完全に」とそれぞれの役作りを絶賛し、太鼓判を捺している。“最強の世界”を創り上げるため奮闘する3人の女子高生たちの青春譚に、ますます期待が高まった!

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース