• TOP
  • ニュース
  • 日本映画史上圧倒的スケールで描く福島第一原発の“真実の物語”!『Fukushima 50』本予告映像が到着
  • NEWS

日本映画史上圧倒的スケールで描く福島第一原発の“真実の物語”!『Fukushima 50』本予告映像が到着

2019年12月24日 06:00

福島第一原発で戦い続けた50人の男たちを描く『Fukushima 50』が2020年3月6日(金)公開
福島第一原発で戦い続けた50人の男たちを描く『Fukushima 50』が2020年3月6日(金)公開[c] 2020『Fukushima 50』製作委員会

2011年3月11日に発生した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られた、門田隆将渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」原作の映画『Fukushima 50』が、2020年3月6日(金)に公開する。このたび、震災直後福島第一原発内に残り、後に世界のメディアから“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼ばれた男たちの壮絶な戦いを映し出した本予告編が到着した。

2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。想定外の大津波に襲われた福島第一原発(イチエフ)の内部に残り戦い続けたのは、地元出身の作業員たち。彼らは原発の暴走を止めるため、家族を想いながら、世界初となる命がけの作業に挑む―。

佐藤浩市、渡辺謙の鬼気迫る演技は圧巻
佐藤浩市、渡辺謙の鬼気迫る演技は圧巻[c] 2020『Fukushima 50』製作委員会

本作で主役となる福島第一原発1・2号機当直長、伊崎利夫役を佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役は渡辺謙が演じる。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美ら、豪華実力派キャストが結集し、震災から9年目を迎える2020年にいよいよ公開となる。

この度解禁された本予告編は、邦画史上最大級のスケール感とリアリティで圧倒的な映像となっている。東日本大震災が発生し、想定外の大津波に襲われ、“SBO(全電源喪失)”となる福島第一原発。1・2号機当直長の伊崎(佐藤)は、自分と共に危険な作業に行ってくれるメンバーを募るという苦渋の決断を迫られるが、イチエフの職員たちは臆することなくその役目に志願する。

一方で福島第一原発所長の吉田(渡辺)が、「現場の人間、身体張ってんだよ!」と現場の作業員に代わって本店と激しくぶつかり合う場面や、避難所でニュースを見つめ、イチエフ職員の無事を願う家族の姿、福島を想う地元メディアの姿など、あの日福島で実際に起きていたであろうドラマが描かれていく。

そして最後は、「最後になんとかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と覚悟を決めた伊崎の言葉で締めくくられ、生死をかけた状況に追い込まれた登場人物たちの生々しい感情が感じられる、迫力の予告編となっている。

併せて、オンライン上でも解禁となった本ポスタービジュアルには、日本のために戦いに挑む登場人物たちの、強い信念を持った表情が映し出され、「奇跡は起きると、信じたからこそ」という言葉が添えられている。あの日、福島原発事故で「最後の砦」になったFukushima 50の決死の覚悟を感じさせる仕上がりだ。

日本映画史上最大級のスケールと圧倒的ドラマで、今を生きる全ての人に贈る“真実の物語”である本作。世界中が注目した現場で、本当は何が起きていたのか。平成から令和へと変わったこの時代に、ぜひ劇場で鑑賞してほしい。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース