• INTERVIEW

生駒里奈が「夢を叶えた」と語る、“仮面ライダー”へのあふれる想い

2019年12月27日 21:45

生駒里奈が、愛する“仮面ライダー”を語り倒す!
生駒里奈が、愛する“仮面ライダー”を語り倒す!撮影/黒羽政士

「仮面ライダー」シリーズの映画最新作『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』(公開中)で、仮面ライダー世界の歴史改変を目論むタイムジャッカー・フィーニス役を演じるのは、仮面ライダーの大ファンでもある生駒里奈。念願だった仮面ライダー映画出演という夢を叶えた生駒に、フィーニスというキャラクターや大好きな仮面ライダーシリーズの魅力について、さらに、本作で注目してほしいポイントなどを語ってもらった。

――大好きな仮面ライダーの映画に出演した、いまの率直な気持ちを教えてください。

「とってもうれしいです!ちょうど、乃木坂46を卒業した時期にやっていたのが『仮面ライダービルド』だったのですが、出演できないかなーって思ってたんです(笑)。その時は、出演の夢は叶いませんでしたが「いつか出られるようにお芝居を頑張ろう!」って思っていました。平成と令和をまたぐ仮面ライダー作品に、フィーニスという役で参加できるなんて、うれしいかぎりです」

従来の生駒のイメ―ジを覆したフィーニス役
従来の生駒のイメ―ジを覆したフィーニス役[c]石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

――ライダー作品への参加ということで、役作りに気合が入ったのではないでしょうか?

「私は、気合を入れたり準備をすると失敗するタイプなので、大切なものほど、改めてなにかをするということはありません。なので、今回も、なるべくなにもしないことを意識しました」

――フィーニスの魅力はどこにあると思いますか?

「きっとなにかきっかけがあって『時代を壊そう!』と思ったはずなのに、それがわからない。フィーニス自身もわかっていない、そんなところがおもしろいなと思いました。ゲストとして作品に華を添えられるようにできたらいいなと思いながら演じました」

「気合を入れすぎると失敗するタイプ」と自身を分析
「気合を入れすぎると失敗するタイプ」と自身を分析撮影/黒羽政士

――衣裳もとてもクールでかっこいいですよね。

「以前別作品でもお世話になった大好きな衣裳さんが作ってくれたものなので、安心して着ることができました。悪役なのに真っ白というのもすごくおもしろいし、あんなに長いマント、どこで見つけてきたんだろうって、ワクワクしちゃいました。パンツスタイルがすごく好きなので、うれしかったです。あまり動き回らないキャラクターなのですが、着心地の良さは実感しました。衣裳という鎧を着るだけで、キャラクターになりきれるし、このためにあんなに立派な衣裳を作っていただけたことに、感謝しかないです!」

――素敵でした!いつもの生駒さんの可愛らしいイメージとはちょっと違うのもいいですよね。

「可愛らしい印象の方が強いかもしれないですが、フィーニスのほうが、素の私に近いと思います。普段の私はそんなに笑うキャラクターでもないですし…。見た目の落ち着きという点ではサイコーでしたね」

「普段はそんなに笑うキャラクターではない」と吐露
「普段はそんなに笑うキャラクターではない」と吐露撮影/黒羽政士

関連映画

関連映画ニュース