• GOSSIP

シャルレーヌ公妃、家族のXマスカードは真っ赤なドレス姿が圧巻!

2019年12月25日 21:15

モナコ王室のクリスマスカードは、毎年こだわり満載のおしゃれさで話題
モナコ王室のクリスマスカードは、毎年こだわり満載のおしゃれさで話題写真:SPLASH/アフロ

ウィリアム王子とキャサリン妃一家や、スペインのフェリペ6世とレティシア王妃一家の公式クリスマスカードは、2年連続でカジュアルルック。庶民目線に寄り添った親しみやすさが好評な一方で、クリスマスくらいは特別な姿を拝みたいと思っているロイヤルファンも多いようだ。

そんななか、毎年とびっきりのおしゃれな写真をクリスマス用に撮影しているのが、モナコ公国のシャルレーヌ公妃。昨年は、双子のジャック公子とガブリエラ公女という子どもたちだけのショットだったが、今年は、アルベール2世大公とシャルレーヌ公妃が4人仲良く勢揃い。

カードの表紙は今年も子どもたちだけで、赤とゴールドのオーナメントで飾られたクリスマスツリーの横に座っているジャック公子は、白いシャツにセーター、袖と靴ひもに赤を取り入れた何気におしゃれなクリスマスカラーの装いで、その横に座っているガブリエラ公女は、フワフワの真っ赤なドレスでおめかししているが、「クリスマスが待ちきれない」といった感じで頬杖をついたポーズだ。

また、中の写真はツリーの横にアルベール2世大公と、天使のような白いドレス姿のガブリエラ公女が立っており、真っ赤なシャツドレスを着て座っているシャルレーヌ公妃の横には白黒の愛犬チワワ、白いシャツにベストを着たジャック公子がシャルレーヌ公妃の膝に座っている家族のショットで、背景が加工されて幻想的な雰囲気に仕上がっている。

最近はストレートボブのシャルレーヌ公妃のヘアスタイルが、ウェーブのかかったショートヘアだったことから、この写真がいつ撮影されたものかは明らかになっていないが、2人の子どもたちの可愛さはもちろんのこと、今回は、真っ赤なドレスのシャルレーヌ公妃の美しさと存在感が圧巻で、「美しすぎてうっとりする」「子どもたちの可愛さより、シャルレーヌ公妃の神がかった美しさに圧倒される」「年に一度は、こうあってほしい」といった声があがっているが、やはり今回も「クリスマスなのにシャルレーヌ公妃が悲しそう」「美しいけど不幸顔」といった心配の声も寄せられている。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース