• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『スター・ウォーズ』完結編のワールドプレミアにハリソン・フォードやマーク・ハミルらレジェンド集結!
  • EVENT

『スター・ウォーズ』完結編のワールドプレミアにハリソン・フォードやマーク・ハミルらレジェンド集結!

2019年12月19日 21:20

デイジー・リドリーらキャスト陣とスタッフがワールドプレミアに集結した | [c] 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

1977年に『スター・ウォーズ』が公開されてから今年で42年、長きにわたり紡がれてきたスカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガの完結作となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)から公開される。このたび、本作の主人公であるレイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、そしてハン・ソロ役のハリソン・フォードら豪華キャスト陣とスタッフが集結したワールドプレミアが開催された。

【写真を見る】ハン・ソロ役のハリソン・フォードとカイロ・レン役のアダム・ドライバーも出席! | [c] 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

12月16日にアメリカはロサンゼルスのハリウッドで開催されたワールドプレミアには、全世界から取材陣が集結。イベント開始前からファンたちの熱気に包まれた会場のレットカーペットにリドリーらキャスト陣と、本作の監督と脚本を手掛けたJ・J・エイブラムスやプロデューサーのキャスリーン・ケネディといったスタッフたちが姿を現すと、会場は興奮に包まれた。さらに、ルーク役のマーク・ハミル、ハン・ソロ役のハリソン・フォード、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、暗黒卿パルパティーン役のイアン・マクダーミドらレジェンドが登場すると、キャスト陣も驚くほどの歓声が巻き起こり会場の盛り上がりは最高潮となった。

ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルももちろん登場 | [c] 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

そして、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、脚本家のローレンス・カスダン、『ライオン・キング』(19)のジョン・ファヴロー監督、『ブラック・クランズマン』(19)のスパイク・リー監督、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)のジョン・ワッツといった名だたるフィルムメーカーたちも、この歴史的作品の完結を見届けようと来場。また、名作曲家のジョン・ウィリアムズも姿を現し「完結した『スター・ウォーズ』を前に、この40年以上の類まれなる旅がもたらしてくれたすばらしい贈り物への誇りと感謝を感じている」と、シリーズの完結についてコメントを寄せるなど、ファンを大いに沸かせた。加えて、日本からは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)から本シリーズを取材し続けているHey! Say! JUMPの中島裕翔もカーペットゲストとして来場。スター・ウォーズファンを公言する中島は、全世界から集まった熱いファンとともに完結編を鑑賞した。

デイジー・リドリー、ジョン・ウィリアムズ、ジョン・ボイエガ、アンソニー・ダニエルズが参加 | [c] 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

銀河を巻き込み、壮大なスケールで描かれてきたスカイウォーカー家の愛と喪失の物語がいよいよ完結。予告編で描かれた暗黒卿パルパティーンによる「終わりがはじまる」というセリフや、C-3POの「最後にもう1度だけ友人たちに」という、仲間たちへ別れを告げるかのようなセリフはどんな意味を表しているのか。そして、レイとカイロ・レンの世代を超えた“光と闇の戦い”の決着の行方は。ぜひ、感動と興奮の結末を劇場で目撃してほしい!

関連映画

関連映画ニュース