• TOP
  • ニュース
  • アメコミ映画ブーム、配信系、応援上映など…2010年代は映画にとって革新的だった!
  • COLUMN

アメコミ映画ブーム、配信系、応援上映など…2010年代は映画にとって革新的だった!

2020年1月2日 17:00

いよいよスタートした2020年。ここで、2019年までこの10年代に起きた映画界の変革をチェックしておきたい。いまとなっては当たり前になった映画のあれこれは、振り返ってみると10年代に定着したものばかりだった!

歴代最高興収、金獅子賞受賞!アメコミ映画が大ブームに!

世界興収歴代第1位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』。誰がここまでアメコミ映画ブームがくると予想できただろうか…
世界興収歴代第1位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』。誰がここまでアメコミ映画ブームがくると予想できただろうか…[c] 2019 MARVEL

まず頭に浮かぶ2010年代の大きなトピックと言えばアメコミ映画の隆盛だ。これまでもスパイダーマンやバットマンなどのヒーロー映画がヒットしていたが、複数の作品が一つの世界観を共有するユニバース作品が次々と作られ、しかもここまでの大成功を収めてしまうなんてことは、10年前は誰が予想できただろうか。

2008年の『アイアンマン』から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、『アベンジャーズ』(12)で一気に知名度を上げ、これまで23作品が作られるドル箱シリーズへと大変貌。今年は『アベンジャーズ』シリーズの完結作『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)が公開されると、27億9780万ドルというとてつもない興収成績を記録。『アバター』(09)が持っていた世界記録を塗り替え、MCUの集大成にふさわしい世界興収歴代1位の作品となった。

『ジョーカー』は金獅子賞受賞というアメコミ映画初の快挙を達成した
『ジョーカー』は金獅子賞受賞というアメコミ映画初の快挙を達成した[c]2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & [c] DC Comics”

また、『マン・オブ・スティール』(13)から始まりこちらも一つの世界観を共有するDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)を作り出したDCも忘れてはならない。ユニバースというという点ではマーベルの後塵を拝している感があるが、ユニバースから外れる『ジョーカー』(19)は、今年のヴェネチア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞するアメコミ映画史上初の快挙を達成。娯楽性はもちろん、その枠にとどまらないアメコミ映画の新たな可能性を示した。

2020年も、マーベルは『ブラック・ウィドウ』が5月1日(金)に日米同時公開となっており、『エターナルズ(原題)』(11月6日全米公開)も控えているなど新たな局面に突入。また、ストリーミングサービスDisney+で配信される「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」といったドラマもMCUに入り込み、さらなる拡がりを見せていく。一方のDCも『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(3月20日公開)や『ワンダーウーマン 1984』(6月公開)など注目作がめじろ押し。さらに、ソニーによる『モービウス(原題)』、『ヴェノム』続編も全米で公開予定であり、アメコミ映画の勢いはとどまることはなさそうだ。

関連映画